Mission Driven Brand

Mission Driven Brand

ブランディングの戦略家が【ブランド戦略の全て】を解説するブログ

コンテクストとは|コンテクストの意味とコンテキスト思考の活用例

f:id:missiondrivencom:20180817153102p:plain

「コンテクストとは何か?」と聞かれて、あなたは何と答えるだろうか?

コンテクストとは、近年ビジネスの世界でクローズアップされつつある言葉だが、コンテクストほどわかりそうでわかりにくい言葉もない。しかし、この記事に辿り着いたあなたなら「コンテクストとは何か?」あるいは「コンテキスト思考をビジネスに活かす方法」に関心があることだろう。

あなたもご存じの通り、市場成熟化やインターネットの発達により、モノや情報は洪水のように氾濫する時代だ。非常に便利な時代といえるが、この状態は同時に2つの副作用を生み出している。

一つ目は、モノや情報自体の差別化が難しくなったことだ。今や多くのモノや情報が「誰でも」「いつでも」手に入る状態となっている以上、それ自体に価値を生み出すことが難しくなっている。

そして副作用の二つ目は「情報が流れるスピードの速さ」があなたを圧倒するがあまり、一つ一つの情報の「意味合い」や「解釈」が難しくなっている点だ。

情報が流れるスピードが加速度的に増していくと、人は「情報に追いすがる」だけで精いっぱいとなり「情報を解釈する」ことに気が回らなくなる。しかし逆を言えば、それらの情報に「あなたなりの解釈」を加え、あなたオリジナルの「知恵」に変えることができれば、情報洪水時代において希少価値となりえる。

よって、今回は「物事を適切に解釈し」「解釈力を強みにつなげる」上で必須である「コンテクスト」について解説する。

コンテクストとは一見わかりそうでわかりずらい概念だが、例え話をふんだんに使いながら丁寧に解説していこう。また、コンテクストを操ることによって新たな「物の見方」や「価値」を生み出す「コンテキスト思考」についても解説する。

情報洪水の時代とは「物事を適切に解釈する力」自体が希少価値となる時代だ。

もしあなたが情報化時代を生き抜き「自分独自の物の見方」を身につけたいなら、今回の解説を最後までお読みいただきたい。

 

コンテクスト(コンテキスト)とは?コンテクストの意味

コンテクスト(コンテキスト)とは-1:コンテクストの意味を定義する

あなたは、哲学の世界に「実体論」と「関係論」という2つの考え方があることをご存じだろうか?

「実体論」とは、例えば金の延べ棒のように実体そのものに価値があるとする考え方だ。一方で「関係論」とは「価値は関係の中に現れる」と考える。例えば紙幣は「関係論」の典型だ。

  • 実体論:実体そのものに価値がある
  • 関係論:価値は関係の中に現れる

紙幣そのものは、実体論で捉えれば「原価20円の紙切れ」に過ぎない。しかし関係論で捉えれば、多くの人が「この紙切れは、モノの交換できる」という前提を共有しているため、例え「原価20円の紙切れ」に過ぎないとしても「紙幣」としての価値が生まれる。

f:id:missiondrivencom:20190203132145p:plain

そして「関係論」の立場に立つと、あらゆる物事は、

  • 実体(例:紙切れ)
  • 実体の背景にある見えない前提(例:モノの交換できる)

の2つの側面に分けて考えることが可能であり、その関係性で価値が決まることになる。そして「実体」のことを近年では「コンテンツ」と呼び「実体の背景にある見えない前提」のことを「コンテクスト」あるいは「コンテキスト」と呼ぶ。辞書的には、コンテクストは「背景」「文脈」「前後関係」などと解説されることが多いが、このブログの筆者であるk_birdは「コンテクスト」を以下のように定義している。

「コンテクスト(コンテキスト)」とは

実体の背景にある「見えない前提」

コンテクスト(コンテキスト)とは-2:コンテクストの例

「コンテクスト」の意味が理解できたら、よりコンテクストの理解を深めるために、例を使った解説に移ろう。

コンテクストの例-1:「リンゴの画像」というコンテンツ

突然の質問で恐縮だが、あなたは下記の画像を何だとお思いだろうか?

f:id:missiondrivencom:20190203132141p:plain

この画像を見て、あなたは直感的に「リンゴの画像である」と認識したはずだ。このように「目に見える実体」のことを「コンテンツ」という。

コンテクストの例-2:「盗んだもの」というコンテクスト

それでは、次の画像をご覧いただこう。

f:id:missiondrivencom:20190203132136p:plain

1番目の画像は単なる「リンゴ」だったが、2番目の画像を見てあなたは「このリンゴは盗んだものである」という「背景」を知ったことになる。この「背景」を知ることによって、あなたの認識は「このリンゴ=盗品」に変わったはずだ。

しかし注意してもらいたいのは「リンゴの画像」というコンテンツ(=目に見える実体)は何も変化していないことだ。リンゴの画像にはなんら変化がないにも関わらず「背景」が変わったために、その結果としてあなたの認識は「盗品」に変わったことになる。

コンテクストの例-3:「1個1,000円のもの」というコンテクスト

更に続いて、以下の画像をご覧いただきたい。

f:id:missiondrivencom:20190203132132p:plain

こちらも「このリンゴは、1個1,000円もするリンゴである」という「背景」を知ったことで、あなたの認識は「このリンゴ=高級品」に変わったことだろう。しかしやはり「リンゴの画像」というコンテンツ(=目に見える実体)自体は、何ら変化していない。

コンテクストの例-4:コンテンツとコンテクストの関係性

これを先ほどの「実体論」と「関係論」のフレームワークに当てはめてみよう。

盗品のリンゴ

  • 実体:リンゴの画像
  • 背景:盗んだ
  • 実体と背景の関係性=「盗品のリンゴ」という解釈

高級なリンゴ

  • 実体:リンゴの画像
  • 背景:高価(1,000円)
  • 実体と背景の関係性=「高級なリンゴ」という解釈

重要なので何度も強調するが「リンゴの画像」という実体に変化は加わっていない。しかし「背景」が変わることで「実体」との関係性が変わり、リンゴの画像自体の解釈も「盗品」から「高級品」へと変わってしまっていることに気が付けるはずだ。

f:id:missiondrivencom:20190203132126p:plain

コンテクスト(コンテキスト)とは-3:コンテクストの重要性

ここまでリンゴの画像の例で説明してきたように「コンテンツ」は変わらなくても「コンテクスト(=実体の背景にある見えない前提)」は変わることがある。そして「コンテクスト」が変われば「コンテンツに対する解釈」も変わってしまうことがある。

そして「コンテンツの解釈」が変わってしまえば、コンテンツそのものは変わらないにもかかわらず、コンテンツの価値(盗品→高級)は大きく変わってしまう。

重要なので繰り返すが、あらゆる物事は、

  • 実体(=コンテンツ)
  • 実体の背景にある見えない前提(=コンテクスト)

の2つの側面に分けて考えることができる。そしてこの2つの関係性によって物事の価値は決まる。もしあなたが「コンテンツ」だけでなく「コンテクスト」という視点も持てれば「コンテンツ」の価値を変えたい場合には、

  • コンテンツに変化を加える

という選択肢だけでなく、

  • コンテクスト(=実体の背景にある見えない前提)に変化を加える

という選択肢も持てるようになる。これで、あなたの世界は2倍に広がったことになる。

 

コンテキスト思考とは?コンテキスト思考をビジネスに活かす方法と事例

コンテキスト思考とは

例え「コンテクスト」の意味や重要性が理解できたとしても、思考能力として使いこなすことができない限り、再現性のある価値は生み出せない。

よって、ここからは「コンテキスト思考」の解説に移ろう。このブログの筆者であるk_birdは「コンテキスト思考」を以下のように定義している。

「コンテキスト思考」とは

物事の背景にある「見えない前提」を味方につけ、新たな価値を生み出す思考法

コンテキスト思考のメリットと例

コンテキスト思考に対する理解を深めるために、コンテキスト思考のメリットを、例を交えて解説していこう。

コンテキスト思考のメリットと例-1:コンテクストをコンテンツマーケティングに活かす

例えば、あなたがTV番組をご覧になっていて、池上彰さんの番組が始まったとしよう。池上彰さんの番組はどれも高視聴率で知られるが「池上彰さんの番組」自体は「コンテンツ」だ。仮に「池上彰さんの番組」というコンテンツに、以下のような特徴があったとしよう。

  • 難しい時事やニュースでも「腹落ち感」を創ってくれる
  • 客観的で、主張や押し付けがない
  • 政治家に対して、タブーなく突っ込み「自分たちの本音」を代弁してくれる

ここで、物事には、

  • 実体(=コンテンツ)
  • 実体の背景にある見えない前提(=コンテクスト)

という2つの側面があり、2つの関係性によって価値が決まることを思い出してほしい。

「池上彰さんの番組」というコンテンツが高視聴率をたたき出している以上、そのコンテンツが受け入れられる「世の中のコンテクスト」が存在しているはずだ。そしてその2つが掛け合わさって「池上彰さんの番組の価値」が決まっていると考えることができる。

k_birdなりに「池上彰さんの番組が受け入れられるコンテクスト」を考えてみると、以下の通りとなる。

  • 情報スピードが速く、情報を追いかけるのが精いっぱい
  • 複雑な世の中をどう理解していいかわからない
  • でも、理解しなきゃいけない気がする

そして「池上彰さんの番組」というコンテンツと「その背景にあるコンテクスト」を掛け合わせると、池上彰さんの番組の人気の理由は以下の結論に至る。

「池上彰さんの番組」が人気なのは

池上彰さんの番組の人気の理由は「知的スッキリ感」をくれるから。

これらの「コンテンツとコンテクストの関係」を構造的に整理すると、下記の通りだ。

f:id:missiondrivencom:20190203142308p:plain

冒頭でも解説した通り、現在は様々な情報が溢れ、物事は複雑化している。そのような状況の中で、もしあなたが池上彰さんの番組を通して、

  • コンテンツ:池上彰さんの番組は高視聴率を獲得している
  • コンテクスト:その背景には「情報の氾濫&世の中の複雑化」がある
  • 価値:よって「知的スッキリ感をくれるもの」には価値がある

と考えたなら、次は「本当にそうか?」「ほかに当てはまるものはないか?」など「蓋然性」を検証してみよう。例えば、

  • 世界一受けたい授業:日本テレビ
  • 林先生が驚く初耳学:TBSテレビ
  • ホンマでっか!?TV:フジテレビ

などは「知的スッキリ感」をくれる番組であり、どれも高視聴率をたたき出している。このことから「世の中は、知的スッキリ感を求めている」という価値は「蓋然性が高い」と結論付けることができそうだ。

そして蓋然性が検証できたら、今度は「知的スッキリ感が求められている」という価値を「自社のコンテンツに活かし、味方につけることはできないか?」を考え、コンテンツマーケティングに応用してみよう。

もしあなたが新聞社の人間なら、情報洪水に埋もれてしまう時事や速報ニュースだけでに頼るのではなく「知的スッキリ感を創る解説記事(=コンテンツ)」を充実させることができないだろうか?

あるいは、もしあなたがネットメディアの人間なら「新しさ」を追いかけるトレンド記事だけでなく「知的スッキリ感を創る特集記事」というコンテンツを充実させることができないだろうか?

このように、もしあなたが様々な事象から「コンテクスト」を見抜くことができれば、それらのコンテクストを味方につけた、新たなコンテンツマーケティングができるようになるはずだ。

f:id:missiondrivencom:20190203145931p:plain

コンテキスト思考のメリットと例-2:ブランドマーケティングに活かす

あなたが大型バイクのマーケティング担当者だったと仮定しよう。あなたが担当している大型バイクの特徴(=コンテンツ)は下記の通りだ。

  • 大型のバイクであるため、広い補完場所を用意しなければならない。
  • 排気音がうるさく、近所から苦情が来やすい。
  • 燃費が悪い。
  • 1台250万円以上する。
  • 壊れた場合の部品交換費や修理代も高い。

正直な話、実体(=コンテンツ)だけを見れば、あなたはマーケティング担当者として頭を抱えることになるはずだ。

しかしこのような悪条件にも関わらず、100年以上売れ続けている大型バイクが存在する。聡明なあなたならすでにお気づきだと思うが「ハーレーダビッドソン」だ。

ハーレーダビッドソンは、実体(=コンテンツ)だけを見れば、多くの人にとって「扱いずらいバイク」だ。しかしハーレーは実体を大きく変えないまま「ブランドのコンテクスト」をうまく生み出すことで強いブランドを築き上げた事例だ。

ハーレーダビッドソンの「コンテンツ」と「コンテクスト」の関係を整理すると、下記の図の通りとなる。

f:id:missiondrivencom:20190203152731p:plain

ハーレーダビッドソンは「コンテンツ(=実体)」だけを見れば「扱いずらい大型バイク」でしかない。しかし「大型バイク」という実体の背景に、

  • アメリカの荒野を駆け抜ける
  • 一匹狼
  • 革ジャン・ひげ・長髪・ブーツ
  • 既成概念やルールに縛られない
  • 自由と解放

などの「コンテクスト」を創り出し社会に浸透させることによって「反骨心を表現できる大型バイク」という独自のブランド価値を生み出している。先ほどの、

  • 大型のバイクであるため、広い補完場所を用意しなければならない。
  • 排気音がうるさく、近所から苦情が来やすい。
  • 燃費が悪い。
  • 1台250万円以上する。
  • 壊れた場合の部品交換費や修理代も高い。

など、コンテンツの視点だけで見ると「何の取り柄もない」「むしろマイナス」と思えるものですら、その背景にあるコンテクストを味方につけることで「むしろハーレーらしい」という新たな価値を生み出すことができたブランドマーケティング事例だ。

コンテキスト思考のメリットと例-3:プロジェクトマネジメントに活かす

あなたがビジネスパーソンなら、何らかの形で「部門横断型プロジェクト」や「企業横断プロジェクト」に参画した経験はお有りのことだろう。

しかし「プロジェクトを成功させたい」という想いは同じでも、なぜだかわからないが進捗が進まない、あるいは最悪「炎上」したり「紛糾」したりすることは横断型プロジェクトの「あるある」だ。

しかし、もしあなたが「コンテキスト思考」を鍛えることができれば、プロジェクトの「炎上」や「紛糾」を未然に防ぐことが可能になる。なぜならプロジェクトが頓挫する原因は、その多くが「プロジェクトメンバー間のコンテクストが共有されていない」ことに起因するからだ。

そのことを理解するために、まずは以下の図をご覧いただきたい。あなたもどこかで見たことがあるであろう「氷山モデル」だ。

f:id:missiondrivencom:20190203155156p:plain

通常「横断型プロジェクト」の場合、企業上層部からプロジェクトのテーマを与えられ、異なる部門や企業からメンバーが集められることが多い。

これを「コンテンツ⇔コンテクスト」の関係に当てはめれば「プロジェクトテーマ」がコンテンツに当たる。招集されたメンバーは、プロジェクトのテーマ(=コンテンツ)に関しては、100%理解していることが多い。

しかし、氷山モデルの下側にあるコンテクスト(=プロジェクトの背景にある見えない前提)は「全く」といっていいほど共有されていないことが多い。そして「コンテクスト’が共有されていないこと」がプロジェクト炎上のリスクを抱えることになる。

例えば、プロジェクトメンバーの「現状認識」が異なれば、意見は全くかみ合わなくなる。

あるメンバーが「自社はうまく行っている」という現状認識を持っていれば「さらに成長を加速させるには?」という視点で投資を加速させる発言が多くなるだろう。しかし別のメンバーの現状認識が「うまく行っていない」なら「うまく行っていない根本原因の把握」に関する発言が多くなるはずだ。

そしてメンバー間の「見えない前提(=現状認識)」が異なる以上、それぞれの意見は延々とかみ合わない。そしてお互いに「どのような前提(=コンテクスト)に立った発言か?」にまで想いが至らないため、互いが主張を譲らぬまま議論は平行線を辿る。

これは先ほどの「リンゴ」の例でいえば、片方は「このリンゴは盗品だ」という前提で発言し、もう片方は「このリンゴは高級品だ」という前提で発言しているのと同じだ。これでは議論がかみ合いようがない。

このように、2者間のコンテクスト(=見えない前提)が異なれば、コンテンツ(=互いの意見)がかみ合うことは「絶対に」ない。もしこのような状況にあなたが陥ったら、あなたがしなければいけないのは氷山の上にある「ディスカッション(=コンテンツの意見交換)」ではなく、氷山の下にある「コンテクスト(=背景にある見えない前提)」のすり合わせだ。

もしあなたが「コンテクストの重要性」を理解し、プロジェクトの開始タイミングで「互いのコンテクストを合わせる」ことに時間を費やすことができれば、初めは時間がかかるが、その後のプロジェクトの進捗はスムーズに進むはずだ。

 

コンテキスト思考を鍛える頭の使い方の手順

いよいよここからは、コンテキスト思考を鍛えるための「頭の使い方」の手順について解説していこう。

ここまでお読みになったお察しの通り「コンテンツ」は明示的だが「コンテクスト」は暗黙的な概念だ。よって、いきなり「コンテクスト」を捉えようとするより、まずは「コンテンツ」を捉えてから、その背景にある「コンテクスト」を捉えるという手順を踏むのが「コンテキスト思考」を鍛える上での近道となる。

コンテキスト思考を鍛える頭の使い方の手順-1:観察力と洞察力を鍛える

冒頭で解説したように、現在は様々な情報が湯水のように氾濫している時代だ。そのような玉石混交の情報洪水の中から、どのようなコンテンツに注意を払い、その背景を洞察するかは「観察力」や「洞察力」の差に負うところが大きい。

観察力とは「物事の状態を、客観的に注意深く見る力」であり、洞察力とは「目に見えるものを手掛かりに、その奥底にあるものを推測する力」のことを指す。

これらの「観察力」と「洞察力」に関しては、下記の記事で詳細に解説しているので、ぜひご覧いただきたい。

コンテキスト思考を鍛える頭の使い方の手順-2:二項対立で考える習慣をつける

コンテキスト思考は、頭の中で習慣化・定着化して初めて「当たり前に使いこなせる」ようになる。ただ「理解した」だけでは、いざというタイミングで「コンテンツ思考」に戻ってしまい「コンテクスト」にまで頭が回らなくなる。

そこでお薦めしたいのが、一定期間の間(3カ月程度)、目の前にあるあらゆる「コンテンツ」に対して、その背景にある「コンテクスト」を二項対立で考えてみる習慣だ。もしあなたがロジカルシンキングを理解しているなら、以下のような簡単なロジックツリーを頭の中に描いておくとよい。

f:id:missiondrivencom:20190203165006p:plain

もしあなたが気になる物事を目にしたら、上記のロジックツリーを頭に思い浮かべよう。物事には、必ず「コンテンツ」と「コンテクスト」の2つの側面があり、コンテクストがコンテンツの在りように影響を与えている。

もしあなたが「コンテンツ」と「コンテクスト」を二項対立で考える習慣が身につけば、あなたがこれまで見ていた「コンテンツの世界」とは比べ物にならないくらい広い景色を見ることができるようになるはずだ。

コンテキスト思考を鍛える頭の使い方の手順-3:コンテクストを読む

コンテクストとは、コンテンツのように明示的に目に見えるわけではない。よって、目に見える「コンテンツ」を手掛かりに、コンテクストを「見抜く」する必要がある。

ここでは「コンテクストを捉える」上で有用な切り口・着眼点をリスト形式で6つほど紹介しよう。

コンテクストを読む着眼点-1:背景にある「見えない目的・意図」

まずは「見えない目的・意図」だ。

例えば「広告宣伝」というコンテンツは「長期的に強いブランドを創るためにやる」のか「直近の売上を最大化するためにやる」のか、そのコンテクスト次第で広告宣伝の在り方やKPI設定は変わる。

コンテクストを読む着眼点-2:背景にある「見えない現状認識」

続いて「見えない現状認識」だ。

例えば「売上目標1,000億円」はコンテンツだが、売上高推移が上昇基調なのか?下降基調なのか?というコンテクスト(=現状認識)によって「売上目標1,000億円」が持つ意味合いは大きく変わる。

コンテクストを読む着眼点-3:背景にある「見えないレベル感」

抽象度・具体度の「レベル感」もコンテクストを見抜く上で重要な要素だ。

例えば「売上会議」はコンテンツだが、その売上会議が「中長期的な戦略レベルの話」なのか?「足元の売上数値レベルの話」なのか?というコンテクスト(=議論のレベル感)によって、適切な発言内容は変わる。

コンテクストを読む着眼点-4:背景にある「見えない関係性」

「見えない関係性」もまた、コンテキストを見抜く上で必須の視点だ。

例えば「提案書」というコンテンツも「提出する相手が現場担当者」なのか「提出する相手が経営層クラス」なのか、関係性のコンテクストによって提案書の中身は変わる。

コンテクストを読む着眼点-5:背景にある「見えない価値観」

かつてバブル時代は「24時間、戦えますか?」というモーレツ社員が重宝される時代だったが、現在は「働き方改革」が叫ばれ「生産性の高い社員」が重視される時代だ。

このように「働き方」というコンテンツは変わらないが、コンテクスト(=見えない価値観)の変化によって、正しい働き方の在りようは180度変わる。

コンテクストを読む着眼点-5:背景にある「見えない感情」

芸能人の浮気報道があると、その芸能人に対する感情は一夜にして変わることがある。

昨日と今日でその芸能人自体(=コンテンツ)が変わったわけではないが「その芸能人に対する感情」というコンテクストは大きく変わる。

このように、実体は変わらなくでも「取り巻く感情」というコンテクストが変わることで、物事の在りようが大きく変わることがある。これはビッグデータ(=コンテンツ)と、その背景にある消費者心理や感情(=コンテキスト)にも当てはまる。

コンテクストを読む着眼点-6:背景にある「見えない比較対象」

コンテンツは同じでも「何と比較しているのか?」という比較対象のコンテキストが変わることで、主張が変わることがある。

例えばあなたが「前年比」というコンテクストで売上達成を喜んでいても、あなたの上司は「目標比」というコンテキストで捉え、不満を感じているかもしれない。

コンテキスト思考を鍛える頭の使い方の手順-4:「コンテンツ」「コンテクスト」「関係性」を解釈する

様々な視点から「コンテクスト」を読む習慣が身についたら、今度は「コンテンツ」と「コンテクスト」そして「関係性」を解釈する習慣をつけよう。

f:id:missiondrivencom:20190203173202p:plain

例えば、前述した「池上彰さんの番組」のように「コンテンツ」から、そのコンテンツを成り立たせている見えない前提(=コンテクスト)を見抜くことができれば、そのコンテクストを味方につけ、他の分野に応用することが可能になる。

また、ハーレーダビッドソンの例のように、一見何の魅力もなさそうな「コンテンツ」も「コンテクスト」次第で新しい価値を生み出すことができる。

もし、あなたが様々な物事から「コンテクスト」を見出すことができるようになったら、

  • 見出したコンテクストを味方につけ、ほかのコンテンツに応用できないか?
  • 新たなコンテクストを生み出すことで、コンテンツの解釈を変え、新たな価値を生み出せないか?

を考える習慣をつけよう。ここまでくれば、あなたは自信をもって「コンテキスト思考を身につけた」といえるようになっているはずだ。

 

その他の解説記事とおすすめ書籍

もしあなたが本解説以外にも関心があるのであれば、リンクを張っておくのでぜひ必要な記事を探していただきたい。

また、下記の記事ではより深く学びたい方におすすめ書籍を紹介している。ぜひご覧いただければ幸いだ。

終わりに

今後も、折に触れて「あなたをブランドにする思考法」の解説を続けていくつもりだ。 

しかし多忙につき、このブログは不定期の更新となる。

それでも、このブログに主旨に共感し、何かしらのヒントを得たいと思ってもらえるなら、ぜひこのブログに読者登録Twitterfacebook登録をしてほしい。

k_birdがブログを更新した際には、あなたに通知が届くはずだ。