Mission Driven Brand

Mission Driven Brand

ブランディングの戦略家が【ブランド戦略の全て】を解説するブログ

伝え方の本|説明の仕方を学ぶ【分野別】おすすめ書籍7冊

f:id:missiondrivencom:20171225145455p:plain

この記事に辿り着いたあなたなら、何らかの理由で「伝え方」や「説明の仕方」に関するおすすめの本をお探しのことだろう。

このブログ「Mission Driven Brand」は、外資系コンサルティングファームと広告会社の両方のキャリアを持つ筆者が、ブランディングやマーケティング・ビジネスにおける「できない、わからない」の課題解決を目指しているブログだ。

このブログを運営していると「おすすめの本を紹介して欲しい」という問い合わせを頂くことが多い。

各解説記事でもおすすめのマーケティング本やブランディング本を紹介しているが、今回は「伝え方の本」を入門書から名著まで7冊紹介しよう。どれも、本ブログの筆者であるk_birdが「ぜひ読むべき」と考える書籍だ。

しかし、もしあなたに時間の余裕があるなら、この記事を読む前に、まずは以下の解説記事をお読みいただきたい。

 あなたはもしかしたら、様々な本から「知識」を吸収しようとしてはいないだろうか?

「知識」は、過去の先人達が生み出した「知恵」であり、有益であることは否定しない。しかしあなたにとってみれば「単なる先人からの借り物」に過ぎず、あなたオリジナルの「知恵」とはならない。

書籍は、出版された時点で一般化していく。つまり「誰もが手に取れるもの」になっていくため、ただ「書籍の中身を理解した」だけでは、あなた独自のスキルにはならない。

しかし、様々な書籍を「消費」ではなく「投資」と捉え、あなた自身の「思考能力」に昇華することができれば、あなたの書籍代は「単なる消費」から「未来への投資」へと変わる。

上記の解説記事では、ビジネス読書を「投資」と捉え、あなた自身の「思考の範囲」を広げ「知恵を生み出す力」を身につける方法を解説している。お読みいただいた方からは「良記事に出会えて感謝」というお褒めの言葉を頂戴している記事だ。

もし、あなたが上記の解説記事をお読みいただければ、あなたの読書は「消費の読書」から「投資の読書」へ変わり、あなた自身も変えていくことができるはずだ。

仕事の質と生産性を上げたい方へ。このブログから書籍化「超効率ハック」

f:id:missiondrivencom:20200921000054p:plain

冒頭で僭越ながら、拙著を紹介させて頂こう。

拙著「超効率ハック」は、仕事の生産性向上を目的に「時間・段取り・コミュニケーション・資料作成・会議・学び・思考・発想」という8つのジャンルのハック術を網羅的にカバーしている書籍だ。

もちろん「伝え方」「説明の仕方」に関しても1章を割いて解説している。

ただし、類書の「ライフハック本」と大きく異なる点は「EXCELの関数を覚える」「ショートカットキーを使い倒す」などの小手先のテクニックではなく、その大元にある「頭のスイッチの切り替え方」を解説している点だ。

どんなに時短テクニックを駆使して処理スピードを上げたとしても、その作業自体が必要のない作業だったとしたら意味がない。しなくてもいいことを効率的に行うことほど、無駄なことはない。

この場合、必要なのは「作業の処理スピードを速める力」ではなく「不必要な作業を見極め、周囲を納得させる力」だ。

本書は、このような「頭のスイッチの切り替え方」を8ジャンル57項目に分けて、具体的な処方箋を交えながら紹介している。

おかげさまでAmazonレビューでも、

  • 「どのライフハック本と比べても異色であり、学べることが多かった」
  • 「読んでみると、頑張りどころを間違えてたことに気付かされる」
  • 「仕事が速い人はこれをやってたんだな、ということがよくわかった」

など、ありがたい言葉を頂いている。

もしあなたが「仕事術をマスターしたい」「仕事の生産性を劇的に高めたい」と感じているのなら、ぜひ一読してみて欲しい。

それでは、ここからはおすすめの「伝え方の本」を紹介していこう。選定した本は分野別に7冊となる。分類は以下の通りだ。

  • 質問する力を学べる本1冊
  • 言葉を深める方法を学べる本1冊
  • 短く話す方法を学べる本1冊
  • 論理的な話し方を学べる本1冊
  • わかりやすい話の順番を学べる本1冊
  • Yesと言わせる伝え方を学べる本1冊
  • 人の心を動かせる会話力を学べる本1冊

選定基準は、以下の基準のどれかに当てはまるものとした。

  1. k_birdが実際に読み、単純に「素晴らしかった」と思える良書。
  2. 実際の実務に役立っている書籍。
  3. 長年に渡って読み継がれており、時代を越えても変わらない「本質」や「原理」が描かれている名著。

伝え方の本おすすめ書籍-1:質問する力を学べる本

伝え方の本おすすめ書籍-1:「良い質問」をする技術

多くのビジネスパーソンは「わかってもらいたい」「理解してもらいたい」という気持ちが強すぎて「つい話しすぎてしまう」というミスを犯しがちだ。

しかし、コミュニケーションの主導権を握っているのは、実は「話す側」ではなく「聞く側」だ。

なぜなら、積極的に相手に話をしてもらうほうが、

  • 相手の知識レベル
  • 相手の考え方
  • 相手の判断基準

などが把握でき、それに応じてこちら側の伝え方を変えていくことができるからだ。より良いコミュニケーションが成立するかどうかは「聞く側」が握っているのだ。

だとすれば「伝え方」や「説明の仕方」のスキルを身につける上で、一番先に身につけておきたいスキルは「聞く力」ということになる。

その際に、大きな武器となるのが「質問力」だ。質問力を身につければ、こちらが意図したように相手の情報を引き出すことができるようになる。なぜなら、人は質問されると瞬時に「思考のスイッチ」が入るからだ。

 「話し上手は聞き上手」という言葉があるが、本書は「良い質問」を通して自分や相手の可能性を引き出す方法論について解説した書籍だ。

もし「質問」を通して相手に気づきを与え、より良い「伝え方」「説明の仕方」を実現したいなら、本書の一読をお薦めする。

伝え方の本おすすめ書籍-2:言葉を深める方法を学べる本

伝え方の本おすすめ書籍-2:「言葉にできる」は武器になる。

例え「伝え方」を学んでも「伝えるスキル」は向上しない。なぜなら「伝える」前に「伝えるべき考え」がなければ、その言葉は浅はかなものになり、相手の腹落ちを作れないからだ。結局のところ「言葉」とは、思考の上澄みに過ぎない。

だとすれば「伝え方」「説明の仕方」のスキルを向上するためには「考える力」と「伝える力」をセットで学ぶ必要がある。

本書は、言葉を「伝える道具」と定義した上で

  • 考えを整理し
  • 考えを深め
  • 言葉にして発する

という一連の方法論を丁寧に解説した書籍だ。

本書が秀逸な点は、重みのある言葉はどう発することができるのかについて具体的に描かれており「考えること」と「言葉にすること」をつなげて解説している点だ。

考えの深化なくして、言葉だけを成長させることはできない。もしあなたが「伝え方」だけでなく「考える力」もセットでスキルを身につけたいなら、本書はお薦めの書籍だ。

伝え方の本おすすめ書籍-3:短く話す方法を学べる本

伝え方の本おすすめ書籍-3:1分で話せ

ことビジネスにおいては、物事を手短に説明しなければならない局面は多い。実際にあなたは、業務報告やミーティングの際に「手短に話せ」「何が言いたいのかわからない」と指摘されたことがないだろうか?

本書は「1分で伝え、1分でその気にさせて、1分で動いてもらう」方法を解説した書籍だ。

話が長い人は、つい物事を「描写」して話してしまうため、話の大半が経緯の話になってしまい、結果「話が長い」「結論は何?」という状態になってしまいがちだ。

しかし本書はロジックツリーやピラミッドストラクチャーを使った「話の整理の仕方」や「伝え方」を解説してくれているため、かなり実践的だ。

また、単に「ロジカルな説明」だけでなく「聞き手の頭にイメージを描いてもらう方法」も解説されているため「論理と直感」双方に訴える説明の仕方が身につくはずだ。

もしあなたが「端的に自分の考えを伝えること」に苦戦しているなら、本書はお薦めの書籍だ。

伝え方の本おすすめ書籍-4:論理的な話し方を学べる本

伝え方の本おすすめ書籍-4:ロジカルプレゼンテーション

もしあなたが「伝え方」「説明の仕方」を「提案」に結び付けたいなら、本書はマストで読んで欲しい書籍だ。

本書は「ロジカルシンキング」と「提案」を結び付け「提案」を成功に導くためのスキルを解説している書籍だ。

本書の特筆すべき点は「提案」を「そもそも通りずらい」ものとして前提を置き「そもそも通りずらいものを通すには何が必要か?」という視点から「論理的思考」「仮説検証」「会議設計」「資料作成」などを解説している点だ。

更に「ビジネスストーリー」と「解説」がセットになっているため、実務の局面をイメージしながら理解出きるのも特徴だ。

「提案力」ほど、ビジネスの現場で求められるスキルはない。

もしあなたが「伝え方」「説明の仕方」以上に「提案力」を向上させたいなら、本書はそれに応える書籍となるはずだ。

伝え方の本おすすめ書籍-5:わかりやすい話の順番を学べる本

伝え方の本おすすめ書籍-5:一番伝わる説明の順番

人はつい「自分が考えた順番」で物事を説明してしまうものだ。しかしビジネスにおける説明の目的は「相手に理解してもらい、相手を動かすこと」である以上、相手から逆算して「相手が理解しやすい順番」を考えておく必要がある。

本書は、このような「説明の順番」を解説した書籍だ。

これは当たり前のことだが、相手はあなたから説明されるまで説明の中身をわかっていない。このような相手の頭の中が「全く白紙の状態」から「相手に動いてもらうレベル」に持っていくためには「説明の順番」を意識し、相手の頭の中を整理しながら話すスキルが求められる。

相手のタイプや性格によって「わかりやすい話の順番」は変わる。もし「相手の頭を整理しながら順番に話すスキル」を手に入れることができれば、あなたのコミュニケーション能力は飛躍的に高まるはずだ。

伝え方の本おすすめ書籍-6:Yesと言わせる伝え方を学べる本

伝え方の本おすすめ書籍-6:伝え方が9割

例え同じことを話しても、表現の仕方次第で、相手が受け取る印象は変わる。

言葉はいったん発すれば、その受け止め方は相手の感受性に委ねられてしまう。そして言葉は表現の仕方ひとつで、人と人とのつながりを作ったり、逆に壁を作ってしまうやっかいなものだ。

よって、もしあなたが相手から「Yes」を引き出したいなら「自分」ではなく「相手」から逆算して「伝え方」「表現の仕方」を工夫することが求められる。

本書は、例え伝える内容は同じでも、伝え方の工夫でNoをYesに変える方法を解説している書籍だ。相手の立場に立って言葉を作る方法について、具体的なコツや活用法が掲載されており、中にはそのまま使える例文も用意されているのが秀逸だ。

例え同じ内容でも、伝え方ひとつで相手への印象は変わる。もしあなたが「頼み事」をする局面が多く「NoをYesに変える」方法を身につけたいなら、本書は一読に値する書籍だ。

伝え方の本おすすめ書籍-7:人の心を動かす会話力を学べる本

伝え方の本おすすめ書籍-7:
神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り

私たち人間は、どんなに論理的に正しいことを言われたとしても「感情」が受け入れなければ、真に受け入れることはできない。ビジネスの世界では、時に「人望」や「信頼」あるいは「自信」の重要性について語られるが、これらはすべて「理屈」を越えた「感情」の話だ。

そして、もしあなたが「多くの人が満たしたいと思っている感情を満たす」ことができる人になれれば、自然とあなたの元に人が集まり、人望と影響力を得ることにつながるはずだ。

本書は「相手の感情を満たす」ことで人間関係を円滑にし、人の心を動かせるようになるコミュニケーション術を解説した書籍だ。本書の特筆すべき点は、科学的な根拠を示した上で描かれているので、納得して実践する事が出来る点だ。

伝え方次第で、人は驚くほど活発に動き始める。

もしあなたが「伝える」を越えて「人の心を動かすスキル」を身につけたいなら、本書は良き指南書となるはずだ。

このブログから書籍化した本3冊

新刊|「仕事の質と生産性を上げる57の方法」を徹底解説

冒頭でも紹介したが、再度ここでも紹介させていただこう。

拙著「超効率ハック」は、仕事の生産性向上を目的に「時間・段取り・コミュニケーション・資料作成・会議・学び・思考・発想」という8つのジャンルのライフハック術を網羅的にカバーしている書籍だ。

もちろん「伝え方」「説明の仕方」に関しても1章を割いて解説している。

ただし、類書の「ライフハック本」と大きく異なる点は「EXCELの関数を覚える」「ショートカットキーを使い倒す」などの小手先のテクニックではなく、その大元にある「頭のスイッチの切り替え方」を解説している点だ。

どんなに時短テクニックを駆使して処理スピードを上げたとしても、その作業自体が必要のない作業だったとしたら意味がない。しなくてもいいことを効率的に行うことほど、無駄なことはない。

この場合、必要なのは「作業の処理スピードを速める力」ではなく「不必要な作業を見極め、周囲を納得させる力」だ。

本書は、このような「頭のスイッチの切り替え方」を8ジャンル57項目に分けて、具体的な処方箋を交えながら紹介している。

おかげさまでAmazonレビューでも、

「どのライフハック本と比べても異色であり、学べることが多かった」
「読んでみると、頑張りどころを間違えてたことに気付かされる」
「仕事が速い人はこれをやってたんだな、ということがよくわかった」
など、ありがたい言葉を頂いている。

もしあなたが「仕事術をマスターしたい」「仕事の生産性を劇的に高めたい」と感じているのなら、ぜひ一読してみて欲しい。

既刊|「シャープな仮説を生み出す頭の使い方」を徹底解説

あらゆるビジネスは「仮説」こそが成否を握る。

なぜなら、仮説を生み出せなければ次の一手を見出しようがなく、検証のしようもなくなるからだ。つまり、ビジネスの成長は止まってしまうことになる。

しかし仮説思考の書籍の多くは、仮説思考のメリットは説くものの、肝心の「仮説思考のマスターの仕方」になると、

  • 「センスが必要」
  • 「経験の積み重ねが物を言う」

など「それを言ったらお終いよ」という結論で終わらせているものが多い。

一方で本書は「仮説思考に必要な推論の手順」を、豊富な事例とともに解説している。よって、その手順通りに推論を重ねれば「センス」や「長年の経験」に頼ることなく、誰でも優れた仮説を導き出せるようになる。

おかげさまで、本書はNewsPicksやNIKKEI STYLE、lifehackerなど多くのメディアで取り上げていただき、版を重ねている。Amazonレビューでも、

  • 「ここ数年の仮説思考系の書籍で久々のヒット」
  • 「自分オリジナルの武器にしていけそうな良書」
  • 「一生もののスキルになるのは間違いない」

など、有難い言葉を頂戴しており、嬉しい限りだ。

もしあなたがシャープな仮説を導き出せるようになりたいなら、ぜひ本書を手にとってみて欲しい。

【既刊】ブランディングの理論と実践をつなぐ「ブランディングの教科書」

ブランディングは、ややもすれば「デザインの話」「広告の話」「世界観の話」など、掴みどころのない抽象論に陥りがちだ。

しかしブランディングは「ブランド戦略」という言葉があるように、企業の成否を大きく左右する戦略のひとつだ。そして投資が伴う以上、一定の合理性と説明責任が求められる。決して、売上や利益から逃げてはならないのだ。

本書は、つい「感覚論」に陥りがちな「ブランディング」に対して「論理的な納得性」と「直感的な腹落ち感」の両面を追求した書籍だ。

「論理」が理解できなければ、ブランディングを体系的に理解することできず、再現性を生むことができない。

そして「直感的な腹落ち感」がなければ、ブランディングを実務に落とせず、成果をもたらすことができない。

本書は、広告代理店&外資系コンサルティングファームで培った「生の知見」と「体系的な解説」を通して、ブランディングの理論を実践へとつなげて解説している。

おかげさまで、本書はAmazon kindle売れ筋ランキング「消費者主義」ジャンルでベストセラー入りを果たし、Amazonレビューでも、

  • 「ふわっとしたブランディングの本が多い中で、異彩を放っている」
  • 「事例も多いので実践のイメージが湧きやすい」
  • 「海外企業の事例ばかりが紹介されている輸入本だとピンとこない、という方にお薦め」

など、ありがたい言葉をちょうだいしている。

もし本書を手にとって頂ければ、ブランディングの専門用語はもちろん、実践の手順や実務の勘所が、一通り学べるはずだ。

その他の解説記事とおすすめ書籍

もしあなたが本解説以外にも関心があるのであれば、リンクを張っておくのでぜひ必要な記事を探していただきたい。

また、下記の記事ではより深く学びたい方におすすめ書籍を紹介している。ぜひご覧いただければ幸いだ。

終わりに

今後も、折に触れて「ロジカルで、かつ、直感的にわかる解説」を続けていくつもりだ。 

しかし多忙につき、このブログは不定期の更新となる。

それでも、このブログに主旨に共感し、何かしらのヒントを得たいと思ってもらえるなら、ぜひこのブログに読者登録Twitterfacebook登録をしてほしい。

k_birdがブログを更新した際には、あなたに通知が届くはずだ。