Mission Driven Brand

Mission Driven Brand

ブランディングの戦略家が【ブランド戦略の全て】を解説するブログ

段取りの本|段取り力が向上する【目的別】おすすめ書籍14冊

f:id:missiondrivencom:20171225145455p:plain

この記事に辿り着いたあなたなら、何らかの理由で「段取りの本」をお探しのことだろう。

このブログ「Mission Driven Brand」は、外資系コンサルティングファームと広告会社の両方のキャリアを持つ筆者が、ビジネスにおける「できない、わからない」の課題解決を目指しているブログだ。

このブログを運営していると「おすすめの本を紹介して欲しい」という問い合わせを頂くことが多い。

各解説記事でもおすすめのビジネス書本を紹介しているが、今回は、段取り力が向上する「段取りの本」について入門書から名著まで紹介しよう。どれも、本ブログの筆者であるk_birdが「ぜひ読むべき」と考える書籍だ。

仕事の質と生産性を上げたい方へ。このブログから書籍化「超効率ハック」

f:id:missiondrivencom:20200921000054p:plain

冒頭で僭越ながら、拙著「超効率ハック」を紹介させて頂こう。

拙著「超効率ハック」は、仕事の効率化を目的に「時間・段取り・コミュニケーション・資料作成・会議・学び・思考・発想」という8つのジャンルの仕事術を網羅的にカバーしている書籍だ。

もちろん、この記事のテーマである「段取り力」に関しても、一章を割いて解説している。

本書が類書の「ハック術本」と大きく異なる点は「EXCELの関数を覚える」「ショートカットキーを使い倒す」などの小手先のテクニックではなく、その大元にある「頭のスイッチの切り替え方」を解説している点だ。

どんなに時短テクニックを駆使して処理スピードを上げたとしても、その作業自体が必要のない作業だったとしたら意味がない。しなくてもいいことを効率的に行うことほど、無駄なことはない。

この場合、必要なのは「作業の処理スピードを速める力」ではなく「不必要な作業を見極め、周囲を納得させる力」だ。

本書は、このような「頭のスイッチの切り替え方」を8ジャンル57項目に分けて、具体的な処方箋を交えながら紹介している。

おかげさまでAmazonレビューでも、

  • 「どの仕事術本と比べても異色であり、学べることが多かった」
  • 「読んでみると、頑張りどころを間違えてたことに気付かされる」
  • 「仕事が速い人はこれをやってたんだな、ということがよくわかった」

など、ありがたい言葉をちょうだいしている。

もしあなたが「仕事を効率化したい」「仕事の生産性を高めたい」と感じているのなら、ぜひ一読してみて欲しい。

それでは、ここからは仕事を効率化する「段取りの本」を紹介していこう。選定した本は目的別に14冊となる。分類は以下の通りだ。

  • 仕事の進め方の基本がわかる本:3冊
  • 段取りの行動力が身につく本:3冊
  • 頭の使い方のスピードが上がる本:3冊
  • PDCAを回せるようになる本:2冊
  • プロジェクトマネジメントを学べる本:3冊

選定基準は、以下の基準のどれかに当てはまるものとした。

  1. k_birdが実際に読み、単純に「素晴らしかった」と思える段取り術の良書。
  2. 実際の実務に役立っている段取り術の書籍。
  3. 長年に渡って読み継がれており、時代を越えても変わらない「本質」や「原理」が描かれている段取り術の名著。

段取りの本おすすめ書籍-1:仕事の進め方の基本がわかるおすすめ書籍3冊

段取りの本おすすめ書籍-1:要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑

もしあなたが段取りを進めようとする際に「何をどうしていいのか、わからなくなる」という局面が多いなら、まずマスターしておきたいのが「タスク管理」だ。

「タスク管理」とは、仕事を終えるまでに必要な作業を分解して洗い出し、優先順位をつけながら順番を決め、進捗を管理していく取り組みを指す。

本書は、そんなタスク管理の「基本中の基本」を、平易な言葉とわかりやすいイラストで、極めて丁寧に解説している書籍だ。

本書の特筆すべき点は、ADHDの診断を受けた筆者が自身の経験を踏まえて解説しているため、仕事の段取りを進める中で「何がわからなくなるのか?」「どう、しんどくなるのか」など、段取り初心者が躓きやすいポイントを丁寧に拾いながら解説している点だ。

また、段取りにはミスや失敗がつきものだが「メンタル面をどう回復すべきなのか」など心理面のコントロール方法も解説している点もユニークだ。

もしあなたが「要領がよくない」「すぐに段取りをミスしてしまう」などの悩みをお持ちなら、まず初めに読んでおきたい一冊だ。

段取りの本おすすめ書籍-2:会社では教えてもらえない 残業ゼロの人の段取りのキホン

段取りが苦手な人は、ほぼ例外なく段取りを「曖昧なイメージ」で捉えてしまっている。そのため、つい「何から着手していいかわからない」という状態になりがちだ。

本書は「段取り作り」と「実行」のイロハを解説している書籍だ。網羅的であるにもかかわらず要点が簡潔にまとめられているので、本書の内容を一つずつ実践していくだけで、段取りの生産性は劇的に上がるはずだ。

また、メールが来た時、複数の仕事が同時に舞い込んできたとき、スケジュール管理の方法など、いくつかのシーン別の対処法が解説されているのもありがたい。

もしあなたが「仕事が自転車操業で忙しくなりがち」「時間に振り回されずに段取りを進めたい」と考えているなら、その改善に向けて教科書となる書籍だ。

段取りの本おすすめ書籍-3:仕事が速い人は、「これ」しかやらない-ラクして速く成果を出す「7つの原則

あなたは、段取りの生産性を高めるために「時短テクニック」に頼ってはいないだろうか?

例えば「PC の文字入力スピードを上げるために、辞書登録機能を使う」「少しでも計算スピードを速くするために、Excel 関数を覚える」などが典型だ。

しかしどんなに時短テクニックを駆使しても、その作業自体が必要のない作業だったとしたら意味がない。なぜなら、しなくてもいいことを効率的に行うことほど、無駄なことはないからだ。

本書は「仕事が早い人とは、必要のない作業を見極めてやめてしまえる人」と捉え「仕事の力の入れどころを見極める能力」をマスターするための書籍だ。

もしあなたが本書をお読みになれば、小手先のテクニックを越えて、より劇的に段取りの生産性を上げる方法を手に入れることができるはずだ。

段取りの本おすすめ書籍-2:段取りの行動力が身につくおすすめ書籍3冊

段取りの本おすすめ書籍-4:「すぐやる人」と「やれない人」の習慣

段取りは決めたものの、ついつい着手を先延ばしにしてしまう…。あなたはこんな経験がないだろうか?

段取り力が高い人の特徴は、例外なく行動が早いことだ。しかし、決して気合いや意志力だけで自分を動かしているわけではない。「仕組みと習慣」で自分を動かしているのだ。

本書は、このように段取り力が高い人を「すぐやる人」、段取り力が低い人を「やれない人」に分け「すぐやる人」の特徴を炙り出しているのが特徴だ。

人はつい、段取りを先延ばしにしてしまいがちだ。しかし本書を読めば「すぐやる人」とはどのような習慣を持つ人なのかがわかるはずだ。よって、その習慣を参考にすることで自分を変えるきっかけがつかめるだろう。

もしあなたが「すぐに行動に移せない」タイプなら、本書を参考書兼チェックリストとして活用することで、段取りの生産性を劇的に上げることができるはずだ。

段取りの本おすすめ書籍-5:なかなか自分で決められない人のための「決める」技術

新たなチャレンジが求められる仕事を目の前にすると、人はつい「間違ってたらどうしよう」「失敗したらどうしよう」などと不安になり、物事を決められなくなってしまう。

しかし誤解を恐れずに言えば「仕事の品質」とは「決断の量と質の結果」ともいえる。だとすれば、仕事を前に進める上で決して逃れられないのが「決める」ことだ。

本書はそんな「決める」に対して「素早く正しい決断の仕方」を解説した書籍だ。特に秀逸なのは「決める」に対する具体的な提案が41例も解説されていることだ。

しかし、例え物事を「決めた」としても、行動が伴わなければ成果にはつながらない。このことを踏まえ、本書は「決め方の極意」だけでなく、決めたことを継続するためのノウハウも解説しているのがありがたい。

もしあなたが「物事を決められない」「自分の頭で決められない」という悩みを抱いているなら、本書は一読に値する書籍だ。

段取りの本おすすめ書籍-6:ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?

段取りに、ミスや失敗はつきものだ。

当然、ミスや失敗は「する」より「しない」ほうがいい。しかし、ミスや失敗を恐れるがあまり、段取りが前に進まなくなるなら本末転倒だ。

本書は、ミスや失敗を恐れずに新しい物事に挑戦するために「ミスや失敗をしたときにどう行動してリカバリーするか?」を解説した書籍だ。

本書の著者は「失敗学」を扱う失敗学会の副会長であり、描かれている内容は失敗学に裏付けられている。そのため「誰が悪いのか」「以後、気を付けよう」などの精神論に逃げるのではなく「同じミスや失敗を繰り返さないために、どう構造や仕組みを変えていくか?」に力点が置かれているのが特徴だ。

ともすれば、ミスや失敗は「ダメなもの」として犯人探しになりがちだが、そもそものミスが生じる構造や仕組みを見抜き、そこから学びを得られれば、一転して成長や飛躍の種になる。

もしあなたが失敗を失敗で終わらせるのではなく「次の成長の一手」につなげたいなら、本書は読むに値する書籍だ。

段取りの本おすすめ書籍-3:頭の使い方のスピードが上がるおすすめ書籍3冊

段取りの本おすすめ書籍-7外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る「99の心得」 

「ロジカルシンキング」「ラテラルシンキング」「デザイン思考」…。あなたがどれだけ多くの「思考法」を手に入れたとしても、それだけでは段取りの生産性は上がらない。

なぜなら「生産性」とは「思考」だけでなく「行動」を伴って初めて実現するからだ。

本書が優れている点は「ビジネスパーソンとして圧倒的に質の高いクオリティを素早く出すにはどうすれば良いのか?」について「思考法」だけでなく「意志決定の視点」や「行動」にまで落とし込まれている点だ。

通常の書籍であれば「読んで学ぶ」という姿勢になりがちだが、本書の場合「読みながら使う」という姿勢が適切だ。

論理的思考やフレームワークを学ばせても、なかなか段取りがうまく行かない。そうお感じの方にこそ、お勧めしたい書籍だ。

段取りの本おすすめ書籍-8:イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

間違った問題設定は間違った結論を生み、段取りの生産性を大きく落としてしまう。

本書が主張しているのは、問題を解く前に、そもそも「何が問題なのか?」を見極めることが、段取りの生産性の向上に不可欠であることだ。

このブログをお読みのあなたなら、ロジカルシンキングの重要性は理解しているはずだ。しかしどんなに優れた「論理」も、そもそもの「何を考えるべきか?」という論点がズレていれば間違った答えを生み、段取りの生産性を落としてしまう。

ロジカルシンキングの本は、どれも「既に正しい論点は見極められている」ことを想定してロジックツリーやピラミッドストラクチャーを解説しているものも多い。しかし重要なので繰り返すが、間違った論点は間違った答えしか生まない。

本書を読めば、正しい論点を見極めることで、あなたの段取りの生産性を高めることができるはずだ。

段取りの本おすすめ書籍-9:仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

どれだけ多くの情報を集めたとしても、ビジネスにおいて100%の正解など存在しない。なぜなら、あらゆるビジネスは未来に対してなされることであり、未来のことなど誰も100%予測することは不可能だからだ。

本書のテーマである「仮説思考」とは、情報が不十分だったり、分析が進んでいない段階でも、問題解決を図る上で自分なりの「仮の答え」を持つという考え方だ。

「仮の答え」が持てれば「仮の答えが正しいか否か」に範囲を絞って情報収集や分析を行えるようになる。その結果、段取りの生産性が高まり、意思決定のスピードも格段に早まる。

あらゆる物事は、結局は「やってみなければわからない」以上、成功の確率を上げていくためには、素早く仮説の検証と意思決定を行い、実行フェーズで愚直に改善していくほうが現実的だ。

しかしだからと言って、当初の仮説が甘ければ成果はおぼつかない。

本書では「どうすれば早く良い仮説を立てられるか」「仮説が正しいかどうかを、どう検証すればいいのか」などを、実際のビジネスの現場でよく出会うような事例を基に解説してくれているベストセラー書籍だ。

情報が多ければ多いほど、よい問題解決ができるはず。そんな先入観をもつビジネスパーソンにこそ、必読の一冊だ。

段取りの本おすすめ書籍-4:PDCAを回すおすすめ書籍2冊

段取りの本おすすめ書籍-10:一生食えるプロのPDCA

職場でPDCAを回すには、あなた自身が「自分自身のPDCA」を回すスキルを身につけている必要がある。

本書は、元外資系のコンサルタントがまとめた「一生使えるスキルとしてのPDCA」を解説した書籍だ。

本書の最大の特徴は、PDCAのそれぞれのステップで欠かせない重要なポイントを解説しつつも「営業職のPDCA」「マネージャーのPDCA」「プロジェクトのPDCA」「スキルアップのPDCA」など12の具体例を、その運用方法まで含めて解説している点だ。

本来、PDCAは使える範囲が広く、学びや成果につながりやすい考え方だ。

もしあなたがPDCAサイクルを段取りに応用し、自分を飛躍的に成長させたいなら、本書は一読に値する書籍だ。

段取りの本おすすめ書籍-11:xDrive 質問でPDCAは加速する

当たり前のことだが、チームのPDCAは、自分一人だけでは回せない。

あなたがどんなにPDCAの知識やスキルを身につけても、他のチームメンバーに主体性や当事者意識がなければ、チーム全体でのPDCAは回らない。

本書は、そんなチームメンバー達に「質問」を通して思考を促しながら、当事者意識を作ることでPDCAを回す方法を解説した書籍だ。

本書が秀逸なのは、単なる「考え方」にとどまらず、チームメンバーのPDCAを回すための120個もの「質問集」が用意されており、極めて実践的なのもありがたい。

もし、チームメンバーの当事者意識がPDCAのボトルネックになっているなら、本書はその解決策になる書籍だ。

段取りの本おすすめ書籍-5:プロジェクトマネジメントを学ぶおすすめ書籍3冊

段取りの本おすすめ書籍-12:担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座

ビジネスで成果を生むには、多くの関係者の協力が必要不可欠だ。あなたの企業でも、様々な部門を横断するプロジェクト型の業務は多いはずだ。

本書は、プロジェクトマネジメントの初心者向けに、基本となる知識と技術を紹介した書籍だ。

本書の著者は、多数のプロジェクト現場の実行支援を経験しており「プロジェクト憲章」や「WBS」など、普段なら聞きなれないプロジェクトマネジメント用語なども丁寧に解説してくれている。

もし、あなたが初めてプロジェクトマネージャーを経験することになったのなら、本書はプロジェクトのイロハを理解する上で、おすすめ書籍となるはずだ。

段取りの本おすすめ書籍-13:プロジェクトリーダーの教科書

本書は、アクセンチュア・PwC・IBMで13年間に渡りプロジェクトのトラブルリカバリーに従事してきたコンサルタントが執筆した書籍だ。

本書が秀逸な点は「プロジェクト=必ず問題が起こるもの」と捉え、プロジェクトの12のステップごとに、プロジェクトリーダーに必要なマインドセットやスキルセット、アクションを解説してくれている点だ。

プロジェクトとは、極論すれば人と人との営みである以上、極めて泥臭い取り組みだ。しかし本書はそこから逃げず、具体的かつ実践的なノウハウがまとめられている。

もしあなたが本書を一読すれば「プロジェクトのどこに落とし穴があって」「どのような心構えで対峙すればスムースに進むのか?」が手に取るようにわかるはずだ。

段取りの本おすすめ書籍-14:抵抗勢力との向き合い方

プロジェクトといえば、つい目的やゴール、あるいはタスクなど「プロジェクトの中身」に目が向きがちだ。

しかし、プロジェクトを成功に導くためには、もう一つ重要な要素が存在する。それは「プロジェクトの機運」だ。

プロジェクトに関わった人のモチベーションが高く、かつ組織が一体となって使命感に燃えているようであればプロジェクトの成功確率は高くなるが、一方で「他人事」「様子見」あるいは「抵抗」が生じると、プロジェクトの機運は急速に失速する。

本書は、プロジェクト失速の原因となる「抵抗勢力」に焦点をあて「いかに抵抗勢力と向き合うか?」を解説した書籍だ。

本書は「プロジェクトの局面ごとによく現れる抵抗の例」「まずい対処の仕方」「良い対処の仕方」などを、体系的に、かつ実例を交えて解説している。

実は、抵抗する側にも、理屈はある。

そんな理屈をあらかじめ知っておけば、あなたはプロジェクトの機運を失速させるリスクを事前につむことができるはずだ。

もしあなたがプロジェクトマネジメントに対して「中身のマネジメント」だけでなく「機運のマネジメント」も適切に行いたいなら、本書は必読だ。

このブログから書籍化した本3冊

新刊|「仕事の質と生産性を上げる57の方法」を徹底解説

冒頭でも紹介したが、再度ここでも紹介させていただこう。

拙著「超効率ハック」は、仕事の生産性向上を目的に「時間・段取り・コミュニケーション・資料作成・会議・学び・思考・発想」という8つのジャンルのライフハック術を網羅的にカバーしている書籍だ。

ただし、類書の「ライフハック本」と大きく異なる点は「EXCELの関数を覚える」「ショートカットキーを使い倒す」などの小手先のテクニックではなく、その大元にある「頭のスイッチの切り替え方」を解説している点だ。

どんなに時短テクニックを駆使して処理スピードを上げたとしても、その作業自体が必要のない作業だったとしたら意味がない。しなくてもいいことを効率的に行うことほど、無駄なことはない。

この場合、必要なのは「作業の処理スピードを速める力」ではなく「不必要な作業を見極め、周囲を納得させる力」だ。

本書は、このような「頭のスイッチの切り替え方」を8ジャンル57項目に分けて、具体的な処方箋を交えながら紹介している。

おかげさまでAmazonレビューでも、

  • 「どのライフハック本と比べても異色であり、学べることが多かった」
  • 「読んでみると、頑張りどころを間違えてたことに気付かされる」
  • 「仕事が速い人はこれをやってたんだな、ということがよくわかった」

など、ありがたい言葉を頂いている。

もしあなたが「仕事術をマスターしたい」「仕事の生産性を劇的に高めたい」と感じているのなら、ぜひ一読してみて欲しい。

既刊|「シャープな仮説を生み出す頭の使い方」を徹底解説

あらゆるビジネスは「仮説」こそが成否を握る。

なぜなら、仮説を生み出せなければ次の一手を打ち出しようがなく、検証のしようもなくなるからだ。つまり、仮説を生み出せなければ、ビジネスの成長は止まってしまうことになる。

しかし仮説思考の書籍の多くは、仮説思考のメリットは説くものの、肝心の「仮説思考のマスターの仕方」になると、

  • 「センスが必要」
  • 「経験の積み重ねが物を言う」

など「それを言ったらお終いよ」という結論で終わらせているものが多い。

一方で本書は「仮説思考に必要な推論の手順」を、豊富な事例とともに解説している。よって、その手順通りに推論を重ねれば「センス」や「長年の経験」に頼ることなく、誰でも優れた仮説を導き出せるようになる。

おかげさまで、本書はNewsPicksやNIKKEI STYLE、lifehackerなど多くのメディアで取り上げていただき版を重ねている。Amazonレビューでも、

  • 「ここ数年の仮説思考系の書籍で久々のヒット」
  • 「自分オリジナルの武器にしていけそうな良書」
  • 「一生もののスキルになるのは間違いない」

など、有難い言葉を頂戴しており、嬉しい限りだ。

もしあなたがシャープな仮説を導き出せるようになりたいなら、ぜひ本書を手にとってみて欲しい。

既刊|ブランディングの理論と実践をつなぐ「ブランディングの教科書」

ブランディングは、ややもすれば「デザインの話」「広告の話」「世界観の話」など、掴みどころのない抽象論に陥りがちだ。

しかしブランディングは「ブランド戦略」という言葉があるように、企業の成否を大きく左右する戦略のひとつだ。そして投資が伴う以上、一定の合理性と説明責任が求められる。決して、売上や利益から逃げてはならないのだ。

本書は、つい「感覚論」に陥りがちな「ブランディング」に対して「論理的な納得性」と「直感的な腹落ち感」の両面を追求した書籍だ。

「論理」が理解できなければ、ブランディングを体系的に理解することできず、再現性を生むことができない。

そして「直感的な腹落ち感」がなければ、ブランディングを実務に落とせず、成果をもたらすことができない。

本書は、広告代理店&外資系コンサルティングファームで培った「生の知見」と「体系的な解説」を通して、ブランディングの理論を実践へとつなげて解説している。

おかげさまで、本書はAmazon kindle売れ筋ランキング「消費者主義」ジャンルでベストセラー入りを果たし、Amazonレビューでも、

  • 「ふわっとしたブランディングの本が多い中で、異彩を放っている」
  • 「事例も多いので実践のイメージが湧きやすい」
  • 「海外企業の事例ばかりが紹介されている輸入本だとピンとこない、という方にお薦め」

など、ありがたい言葉をちょうだいしている。

もし本書を手にとって頂ければ、ブランディングの専門用語はもちろん、実践の手順や実務の勘所が、一通り学べるはずだ。

その他の解説記事とおすすめ書籍

もしあなたが本解説以外にも関心があるのであれば、リンクを張っておくのでぜひ必要な記事を探していただきたい。

また、下記の記事ではより深く学びたい方におすすめ書籍を紹介している。ぜひご覧いただければ幸いだ。

終わりに

今後も、折に触れて「ロジカルで、かつ、直感的にわかる解説」を続けていくつもりだ。 

しかし多忙につき、このブログは不定期の更新となる。

それでも、このブログに主旨に共感し、何かしらのヒントを得たいと思ってもらえるなら、ぜひこのブログに読者登録Twitterfacebook登録をしてほしい。

k_birdがブログを更新した際には、あなたに通知が届くはずだ。