Mission Driven Brand

Mission Driven Brand

ブランディングの戦略家が【ブランド戦略の全て】を解説するブログ

BtoBマーケティング本おすすめ書籍6冊|あなたをブランドにする読書法

BtoBマーケティング本おすすめ書籍6冊|あなたをブランドにする読書法

このページに辿り着いたあなたなら、おすすめの「BtoBマーケティングの本」あるいは「法人営業の本」を探していることだろう。

このブログ「Mission Driven Brand」は、ブランディングやマーケティング、ビジネスにおける「できない、わからない」の解決を目指しているブログだ。 

 このブログを運営していると「おすすめの本を紹介して欲しい」という問い合わせを頂くことが多い。各解説記事でもおすすめ本を紹介しているが、今回はBtoBマーケティング担当者であるあなたにおすすめできる「BtoBマーケティング本」をまとめて6冊紹介しよう。

しかし、もしあなたに時間の余裕がお有りなら、まずは以下の解説記事をお読みいただきたい。

 この解説記事に辿り着いたあなたなら、何らかの方法で「BtoBマーケティング」に関する「知識」を得たいと思っているはずだ。

「知識」は、過去の先人達が生み出した「知恵」であり、有用であることは否定しない。しかしあなたにとってみれば「単なる先人からの借り物」に過ぎず、あなたオリジナルの「知恵」とはならない。

単にBtoBマーケティング関連の知識を「消費」するだけでは、その時はためになった気になるかもしれないが、結局は何も残らない。これは非常にもったいないことだ。

逆にBtoBマーケティング関連本を「消費」ではなく「投資」と捉え、あなた自身の「思考能力」に結び付けることができれば、あなたの書籍代は「消費」から「投資」へと変わる。

上記の解説記事では、ビジネス本を「投資」と捉え、あなた自身の「思考の範囲」を広げ「知恵を生み出す思考能力」を身につけるための「読み方」を解説している。お読みいただいた方からは「良記事に出会えて感謝」というお褒めの言葉を頂戴している記事だ。

もし「BtoBマーケティング関連本」を手に取る前に上記の解説記事をお読みいただければ、あなたの読書は「消費の読書」から「投資の読書」へ変わり、あなた自身も変えていくことができるはずだ。

ブランディングを学びたい方へ。このブログから書籍化した「ブランディングの教科書」。

f:id:missiondrivencom:20200721150313j:plain

冒頭でで僭越ながら、拙著「ブランディングの教科書」を紹介させていただこう。

ブランディングは、ややもすれば「デザインの話」「広告の話」「世界観の話」など、掴みどころのない抽象論に陥りがちだ。

しかしブランディングは「ブランド戦略」という言葉があるように、企業の成否を大きく左右する戦略のひとつだ。そして投資が伴う以上、一定の合理性と説明責任が求められる。決して、売上や利益から逃げてはならないのだ。

本書は、つい「感覚論」に陥りがちな「ブランディング」に対して「論理的な納得性」と「直感的な腹落ち感」の両面を追求した書籍だ。

「論理」が理解できなければ、ブランディングを体系的に理解することできず、再現性を生むことができない。

そして「直感的な腹落ち感」がなければ、ブランディングを実務に落とせず、成果をもたらすことができない。

本書は、広告代理店&外資系コンサルティングファームで培った「生の知見」と「体系的な解説」を通して、ブランディングの理論を実践へとつなげて解説している。

おかげさまで、本書はAmazon kindle売れ筋ランキング「消費者主義」ジャンルでベストセラー1位を獲得し、Amazonレビューでも、

  • 「ふわっとしたブランディングの本が多い中で、異彩を放っている」
  • 「事例も多いので実践のイメージが湧きやすい」
  • 「海外企業の事例ばかりが紹介されている輸入本だとピンとこない、という方にお薦め」

など、ありがたい言葉を頂いている。

もし本書を手にとって頂ければ、ブランディングの専門用語はもちろん、実践の手順や実務の勘所が、一通り学べるはずだ。

kindle Unlimitedを契約されている方は無償で手に入れることができるので、気軽に手に取っていただきたい。

 

BtoBマーケティング本おすすめ書籍-1:BtoBマーケティングを体系的学べる3冊

BtoBマーケティング本おすすめ書籍-1:ノヤン先生のマーケティング学

BtoBマーケティングの本は、そう多くはない。

そのような中でBtoBマーケティングを学べる本書は、非常に貴重といっていいだろう。

しかし本書は、単なるBtoBマーケティングの本ではない。

アカデミックな語り口でありつつ「STP」「SWOT分析」「ホールプロダクト戦略」といったマーケティングの代表的な理論やフレームワークが解説されており、思わず「その視点があったか!」とうなる局面が何度もある。

そうかと思えば、時々、笑いを取ろうとするノヤン先生のセリフも楽しい。

さらに「300万円が一瞬で無価値になる展示会お礼メールとは?」「営業の気持ち、マーケの気持ち こんなに違うマインドセット」など、BtoBマーケティングの初学者にもおすすめの内容だ。

本書は、日本のBtoBマーケティング界のパイオニアであるシンフォニーマーケティングの庭山社長のコラムが書籍化されてたものだ。

BtoBでマーケティングやセールスをする人にとっては、身近な課題を解決する糸口となるヒントを与えてくれるだけでなく、基礎知識の学び直しにもなる入門書だ。

BtoBマーケティング本おすすめ書籍-2:実践 BtoBマーケティング: 法人営業 成功の条件

これまで、BtoBの取引では俗人的な営業力が中心となっていたため、必ずしも組織的なマーケティングが機能していたとはいいがたいのが現実だ。

近年では、デマンドジェネレーションやマーケティングオートメーションなどが脚光を浴びているが、BtoBマーケティングの手法論やテクノロジーのみに偏りがちで、肝心の「戦略」部分が手薄になってしまっている。

例え方法論やテクノロジーが優れていたとしても、戦略部分の方向性が間違っていれば成果がおぼつかないことは自明の理だ。

本書はBtoBマーケティングにおいて、主に「戦略部分」を中心に扱い、解説してくれている本だ。

特に特筆すべき点は、BtoBマーケティングのみならずBtoBブランディングにも紙面が割かれている点だ。

戦略が間違っていれば、戦術は機能しない。

もしあなたが自社のBtoBマーケティングに対して課題意識をお持ちなら、本書を片手に、まずは戦略部分にさかのぼって再度自社を点検してみるのも一つの手だ。 

BtoBマーケティング本おすすめ書籍-3:BtoBマーケティング―日本企業のための成長シナリオ

日本企業の部品や素材にかかわる技術力は、世界で高い評価を受けている。にもかかわらず、それに見合った利益率を確保できないのはなぜだろうか?

本書では「優れた技術や製品があるにもかかわらず、高い利益率を確保できずにいる」多くのBtoBマーケティング担当者に対して、今後の成長シナリオを策定する際に有用な書籍だ。

本書の特筆すべき点は、あとがきで「生産財や産業材メーカーにマーケティングを導入するきっかけを作ってもらう」とあるように、問題意識をもつBtoBマーケティング担当者にとって、上司や関連部門に働きかける際に必要な論点が網羅されている点だ。

また、本書では「成分ブランド」と表現されているが、BtoB企業の技術ブランディングの方法論に関して多くの紙面が割かれている。

もし、あなたが自社のBtoBマーケティングに問題意識をお持ちなら、一読の価値がある名著だ。 

BtoBマーケティング本おすすめ書籍-4:究極のBtoBマーケティング ABM(アカウントベースドマーケティング)

もしあなたがBtoBマーケティング担当者なら、営業との連携に頭を悩ませたことは、一度や二度ではないはずだ。

本書は、デマンドジェネレーションでありがちだったマーケティング部門と営業部門との「壁」を突破する上で有用なアカウント・ベースド・マーケティングを解説した本だ。

アカウント・ベースド・マーケティングは、これまでのデマンドジェネレーションやリードジェネレーションとは異なり「営業の視点で再設計したマーケティング手法」を指す。

これまでBtoBマーケティングは、ともすれば「リードを営業に渡しさえすれば良い」という姿勢になりがちだったが、アカウント・ベースド・マーケティングは営業の視点で再設計するため、リードに対する営業の無視率を大きく下げる効果を生む。

日本ではMA(マーケティングオートメーション)の導入が進んでいるが、遅かれ早かれ「営業との連携」は大きな問題としてクローズアップされてくるはずだ。

もしあなたがBtoBマーケッターなら、アカウント・ベースド・マーケティングという新たな視点は、営業との連携をスムースにし、受注に結び付けるための突破口になるはずだ。

 

BtoBマーケティング本おすすめ書籍-2:BtoBブランディングを学べる1冊

BtoBマーケティング本おすすめ書籍-5:技術を「魅せる化」するテクノロジーブランディング

BtoC企業に比べ、BtoB企業のブランド戦略に対する理解は、まだまだ遅れているのが現状だ。

しかし、視野をグローバルに広げると、欧米の企業ではBtoB企業であるにも関わらず「グローバルブランド価値ランキング」の上位にランキングされる常連企業が存在する。

これまで日本のBtoB取引においては、技術者同士が互いに技術の目利きであることが前提であるため、優れた技術・性能を持つものが勝ち残ると信じられ、その差別性に関しては注意が払われてこなかった。しかしこれに反し「技術」や「素材」を「ブランド」として捉え、マネジメントすることによって競争優位の確保を目指すのが「テクノロジーブランディング」の考え方だ。

本書は「テクノロジーブランディング」について解説してくれている書籍だ。

そして特筆すべき点は「テクノロジーブランディング」の意味や考え方だけではなく、導入ステップや方法論、あるいは中小企業から大企業に至るまで、15個もの「企業事例」を紹介してくれている点だ。

進化が早い現代においては、市場に求められる技術水準が上がり、必ずしも「優れた技術が生き残る」とは限らなくなっている。もしあなたが「技術のブランド化」を選択肢に入れるなら、本書は必読書だ。 

BtoBマーケティング本おすすめ書籍-3:BtoB Webマーケティングを学べる1冊

BtoBマーケティング本おすすめ書籍-6:BtoBウェブマーケティングの新しい教科書 営業力を飛躍させる戦略と実践

もしあなたがBtoBマーケッターなら、何らかの形で自社Webサイトを活用したリード獲得がミッションになっているのではないだろうか?

BtoB分野では、WEBマーケティングのノウハウはあまり公開されていない。そのような中、本書はBtoB WEBマーケティングの方法論はもちろん、実践ノウハウまで含めて解説している書籍だ。

 BtoB分野でのリード獲得は、ともすれば営業との連携ミスが致命的な失敗に結びつきやすい。

しかし本書は「まず営業課題を明らかにして」「営業課題の解決を見据えたリード獲得を行う」という方法論を紹介している。

しかもその方法論を「準備編」「戦略編」「戦術編」「推進編」に分けて網羅的に解説しているため、実戦的な手順書になっているのが秀逸だ。

BtoBのWebマーケティングは、ともすればリード獲得の量に視点が向きがちだ。しかしBtoBマーケティングの真の目的は受注の増加であることは論をまたない。

もしあなたが、営業部門とのWinWinが築けるWEBマーケティングを実践したいなら、ぜひ読んでおくべき良書だ。

このブログから書籍化した本3冊

新刊|「仕事の質と生産性を上げる57の方法」を徹底解説

拙著「超効率ハック」は、仕事の生産性向上を目的に「時間・段取り・コミュニケーション・資料作成・会議・学び・思考・発想」という8つのジャンルのライフハック術を網羅的にカバーしている書籍だ。

ただし、類書の「ライフハック本」と大きく異なる点は「EXCELの関数を覚える」「ショートカットキーを使い倒す」などの小手先のテクニックではなく、その大元にある「頭のスイッチの切り替え方」を解説している点だ。

どんなに時短テクニックを駆使して処理スピードを上げたとしても、その作業自体が必要のない作業だったとしたら意味がない。しなくてもいいことを効率的に行うことほど、無駄なことはない。

この場合、必要なのは「作業の処理スピードを速める力」ではなく「不必要な作業を見極め、周囲を納得させる力」だ。

本書は、このような「頭のスイッチの切り替え方」を8ジャンル57項目に分けて、具体的な処方箋を交えながら紹介している。

おかげさまでAmazonレビューでも、

  • 「どのライフハック本と比べても異色であり、学べることが多かった」
  • 「読んでみると、頑張りどころを間違えてたことに気付かされる」
  • 「仕事が速い人はこれをやってたんだな、ということがよくわかった」

など、ありがたい言葉を頂いている。

もしあなたが「仕事術をマスターしたい」「仕事の生産性を劇的に高めたい」と感じているのなら、ぜひ一読してみて欲しい。

既刊|「シャープな仮説を生み出す頭の使い方」を徹底解説

あらゆるビジネスは「仮説」こそが成否を握る。

なぜなら、仮説を生み出せなければ次の一手を見出しようがなく、検証のしようもなくなるからだ。つまり、ビジネスの成長は止まってしまうことになる。

しかし仮説思考の書籍の多くは、仮説思考のメリットは説くものの、肝心の「仮説思考のマスターの仕方」になると、

  • 「センスが必要」
  • 「経験の積み重ねが物を言う」

など「それを言ったらお終いよ」という結論で終わらせているものが多い。

しかし本書は「仮説思考に必要な推論の手順」を、豊富な事例とともに解説している。よって、その手順通りに推論を重ねれば「センス」や「長年の経験」に頼ることなく、誰でも優れた仮説を導き出せるようになる。

おかげさまで、本書はNewsPicksやNIKKEI STYLE、lifehackerなど多くのメディアで取り上げていただき、版を重ねている。Amazonレビューでも、

  • 「ここ数年の仮説思考系の書籍で久々のヒット」
  • 「自分オリジナルの武器にしていけそうな良書」
  • 「一生もののスキルになるのは間違いない」

など、有難い言葉を頂戴しており、嬉しい限りだ。

もしあなたがシャープな仮説を導き出せるようになりたいなら、ぜひ本書を手にとってみて欲しい。

既刊|ブランディングの理論と実践をつなぐ「ブランディングの教科書」

ブランディングは、ややもすれば「デザインの話」「広告の話」「世界観の話」など、掴みどころのない抽象論に陥りがちだ。

しかしブランディングは「ブランド戦略」という言葉があるように、企業の成否を大きく左右する戦略のひとつだ。そして投資が伴う以上、一定の合理性と説明責任が求められる。決して、売上や利益から逃げてはならないのだ。

本書は、つい「感覚論」に陥りがちな「ブランディング」に対して「論理的な納得性」と「直感的な腹落ち感」の両面を追求した書籍だ。

「論理」が理解できなければ、ブランディングを体系的に理解することできず、再現性を生むことができない。

そして「直感的な腹落ち感」がなければ、ブランディングを実務に落とせず、成果をもたらすことができない。

本書は、広告代理店&外資系コンサルティングファームで培った「生の知見」と「体系的な解説」を通して、ブランディングの理論を実践へとつなげて解説している。

おかげさまで、本書はAmazon kindle売れ筋ランキング「消費者主義」ジャンルでベストセラー1位を獲得し、Amazonレビューでも、

  • 「ふわっとしたブランディングの本が多い中で、異彩を放っている」
  • 「事例も多いので実践のイメージが湧きやすい」
  • 「海外企業の事例ばかりが紹介されている輸入本だとピンとこない、という方にお薦め」

など、ありがたい言葉を頂いている。

もし本書を手にとって頂ければ、ブランディングの専門用語はもちろん、実践の手順や実務の勘所が、一通り学べるはずだ。

kindle Unlimitedを契約されている方は無償で手に入れることができるので、気軽に手に取っていただきたい。

その他の解説記事とおすすめ書籍

もしあなたが本解説以外にも関心があるのであれば、リンクを張っておくのでぜひ必要な記事を探していただきたい。

また、下記の記事ではより深くブランディングやマーケティングを学びたい方におすすめ書籍を紹介している。ぜひご覧いただければ幸いだ。
17のビジネス分野別おすすめ書籍の解説

終わりに

今後も、折に触れて「ロジカルで、かつ、直感的にわかるブランディングの解説」を続けていくつもりだ。 

しかし多忙につき、このブログは不定期の更新となる。

それでも、このブログに主旨に共感し、何かしらのヒントを得たいと思ってもらえるなら、ぜひこのブログに読者登録Twitterfacebook登録をしてほしい。

k_birdがブログを更新した際には、あなたに通知が届くはずだ。