Mission Driven Brand

ブランディングの戦略家が【ブランド戦略の全て】を解説するブログ

ブランディング・マーケティングを徹底解説

ブランド提供価値とは?【ブランド力を高める】10の要素と成功事例

f:id:missiondrivencom:20160926155755p:plain

あなたは「ブランド力とは何か?」を周囲に説明するとき、何と説明するだろうか?

強いブランドの条件は、ブランドが顧客に提供する価値の大きさによって決まる。だとすれば、あなた自身が「ブランドが顧客に提供すべき価値(=ブランド提供価値)」を理解できていない限り、ブランドを強化し、向上させることはできないことになる。

今回は、広告代理店と外資系コンサルティングファームでの2つの現場経験をもとに「ブランド力を向上させる10のブランド提供価値」について解説する。

ぜひこの記事を何度も繰り返し読んでみてほしい。

そうすれば、どのブランド提供価値を強化すれば「ブランド力」を向上させることができるのか?を理解できるようになり、周囲に説明できるようにもなる。

結果、より効果的で的を得たブランディングを推進できるようになるはずだ。

また、合わせて以下の解説をお読みになれば「そもそもブランディングの意味とは?」「ブランド力の強化が企業にもたらすメリット」「ブランド力の源泉」など、より理解が深まるはずだ。

 

ブランドとは何か、ブランディングとは何か?

まずは本題に入る前に、そもそも「ブランディング」の定義を簡単に確認しておこう。K_birdが考える「ブランディング」の定義は以下の通りだ。

ブランディングとは何か?

  1. ブランドとは「生活者の感情移入」が伴ったモノやサービス。
  2. ブランディングとは「できるだけ多くの人に」「できるだけ強い」感情移入を形創っていく取り組みを指す。
  3. その成果は「衝動買い頼み」を越えた「指名買い」によるロングセラーブランドだ。

 

ブランド力とは何か?ブランド力を向上させる「ブランド提供価値」とは

「価値」が巻き起こす弊害

このブログに辿り着いたあなたなら、既に「ブランディング」や「ブランド強化」に言及した本やWEBサイトをご覧になっていることだろう。

かくいうk_birdも、全てとは言わないががかなりの数のブランディング関連本やWEBサイトをチェックしている。すると、よく出くわすのが「ブランド価値」という言葉だ。例にあげると、以下の通りだ。

  • ブランディングの目的とは、ブランド価値の向上である…。
  • ブランド価値向上で顧客獲得…。
  • 今年の企業のブランド価値ランキングは…。

ブランディング関連の本・WEBサイトで頻繁に登場する言葉であることからも「ブランド価値」がブランド強化のために非常に重要な概念であることがわかる。

しかし一方で「ブランド価値とは、要は何なのか?」に言及されている本・WEBサイトは意外と少ない。そしてそもそも「ブランド価値の意味」がわからなければブランド力を向上させようがない。

この議論を難しくしている根本的な原因は「価値」という言葉の意味の曖昧さだ。

ビジネスの現場において「価値」という言葉が使われる局面は非常に多い。例えばあなたも、以下のような言葉を見聞きしたことがあるはずだ。

  • 企業価値
  • 価値創造
  • 提案価値
  • 顧客価値

こうしてあらためて見てみると、あなたも「○○価値」という言葉が具体的に何を指しているのか、ピンときずらいことにお気づきいただけたのではないだろうか?

「価値」という言葉は、ビジネスの現場で利用頻度が多い割には抽象的で、人によって多様な解釈ができる言葉だ。

もし「ブランド力がある」という状態がブランディングの重要な目的の一つだとすれば、ブランド力の源泉となる「ブランド提供価値」の意味が曖昧であるということは「目的」が曖昧にであることを意味する。

そして「目的」が曖昧になればなるほど、あなたのチームには、例外なく以下の現象が起こる。

  • ブランディングに対する目的意識が薄れるので、手段の目的化が起きる。
  • ブランディングのそもそもの目的が曖昧になるので、ブランドチームの解釈がバラバラになる。
  • その結果、それぞれが一貫しない散発的な施策を繰り出す事態が起きる。

k_birdの長年の実務経験の中でも、クライアント内で「ブランディングの必要性」や「ブランディングのメリット」が理解されているにも関わらず「商品開発部門」や「広告宣伝部門」、あるいは「デジタル部門」や「営業・販売部門」などそれぞれの部門で手段の目的化が起こり、結果、一貫しないバラバラな施策が打ち出されているケースを数多く見てきた。

このブログが目指すのは、このような「ブランディング」のできない、わからないを解決していくことだ。

「ブランド提供価値」の曖昧さが「ブランディングのできない、わからない」を引き起こしているのなら「ブランド提供価値」に対して直感的な腹落ち感」と「論理的な納得性」の両方を兼ね備えた解説をしてみよう。

「価値」とは何か?

まずは「価値」についての定義だ。k_bird流の「価値」の定義はいたってシンプルだ。

「価値」の定義とは

価値=相手が感じ取る喜びの度合い

しかしここで1点注意が必要だ。喜びの度合いは「誰にとって」という主体によって、その意味は大きく変わる。

例えば「企業価値」についていえば「社会にとって」が主体であれば「その企業から社会が受けとる喜びの度合い」となる。いわばCSRやCSVの文脈だ。

一方で「投資家にとって」であれば「その企業から投資家が受け取る喜びの度合い」となり、その多くは株価上昇によるキャピタルゲインとなるだろう。

より間違いが起きやすいのは「顧客価値」だ。

「顧客価値」は「顧客」という言葉で表現されていることから「顧客にとっての」喜びの度合いと勘違いしがちだが、これは「企業が」顧客から受け取る喜びの度合いを指す。

CRMの文脈で使われることが多く「企業が既存顧客から得られる喜びの度合い=既存顧客から得られる利益」とイコールだ。

ここまでお読みいただければ「ブランドの提供価値」とは一体何かが、ほぼ想像がつくはずだ。k_birdが定義している「ブランドの提供価値」の定義は、以下の通りだ。

ブランド提供価値とは?

ブランド提供価値=ブランドから顧客が感じ取る「喜びの度合い」

ブランディングが「ブランドに対する感情移入」を形創っていく取り組みであることはすでに述べた。

そして感情移入を通して「生活者が感じ取る喜びの度合い」を高めていくことができれば、そのブランドは多くの生活者にとって「思い入れ」や「愛着」を感じる、かけがえのないブランドに育っていく。言い換えれば、ブランド力が向上していく。

ブランド提供価値とは、ブランドが顧客に届けている「喜びの度合い」のことだ。

もしそうだとすれば、生活者はブランドからどのような「価値=喜び」を感じ取ることで、ブランドに感情移入をしてくれるのだろうか?

その答えがわかれば、ブランディングが目指す目的は、極めてストレートになる。

それでは「ブランド力を向上させる10個の提供価値」について解説しよう。

 

ブランド力を強化し向上させる10個の要素(提供価値)と事例

(1)実利を得られる喜び=「ブランドの実利が提供する価値」

生活者にとって最もベーシックな喜びは、そのブランドから「実利を得られる喜び」だ。多くの企業は、ライバルよりもうまくこの喜びを提供するために、開発競争にしのぎを削っているはずだ。

そして生活者の視点から見ると、この「実利価値」は大きく4つにわけることができる。

1.ブランドの「品質」がもたらす価値(=喜び)

品質の良さは、生活者に安心感を創る。

当たり前のことながら、生活者は「品質の悪い商品」より「品質の良い商品」を欲しがる。「品質が良い=安定的に長持ちする」という連想が働くからだ。

品質は「生活者に提供できる実利的な喜び」の中でも最もベーシックなものであり、K_birdの経験上、この価値がない商品は、以降説明するどのような価値があったとしても、長期的には衰退していく。

2.ブランドの「性能」がもたらす価値(=喜び)

性能の良さは、生活者の期待を創る。

生活者は「性能が低い商品」より「性能が高い商品」の方に魅力を感じ、高い評価をするものだ。なぜなら、性能が高い商品であればあるほど、人はその商品がもたらす実利的な喜びに大きな期待を寄せるからだ。

事例として、PCバッテリーを想像してみよう。PCバッテリーの性能が良く、バッテリーの持ちが長ければ長いほど、あなたは「長時間、カフェで作業ができそうだ」「旅行や海外出張でも困らなさそうだ」など「自分ができることが増えそうだ」という期待が大きくなるはずだ。

3.ブランドの「ユーザービリティ」がもたらす価値(=喜び)

ユーザービリティは、生活者に慣れや習慣を創る。

近年「ユーザビリティ」の重要性は急速に高まっている。市場が成熟化し「品質」や「性能」の差別化が難しくなってきたからだ。

ぜひ、事例としてiPhoneやAmazonを思い浮かべてほしい。どちらも、使いこなす際に「必死に取り扱い説明書を読み込んだ」という人は稀なはずだ。

こちらも当たり前のことながら、生活者は「扱いにくい商品」より「扱いやすい商品」の方に魅力を感じる。

そして「扱いやすい商品」を使い続けていると、その商品の使い方に対して「慣れ」や「習慣」が生まれるため、他の商品に浮気しにくくなる。もしあなたがiPhoneを使い続けているなら、Androidはとても使いにくく感じるはずだ。またAmazonを使い続けているなら、楽天は使いにくいと感じるはずだ。

近年「サービスデザイン」や「CX」など「顧客経験」を重視する考え方が急速に広まっていることからもわかる通り「ユーザビリティ」はブランド価値の増大を目指すうえで欠かせない価値だ。

4.ブランドの「利用用途」がもたらす価値(=喜び)

利用用途が広ければ広いほど、そのブランドは生活者にとって欠かせない存在になる。

例えば「ぽん酢」を事例に説明しよう。

その昔、ぽん酢は「鍋」で使われることが一般的だった。しかし現在ではぽん酢メーカーの企業努力によって、肉料理に使う、サラダ料理に使う、パスタ料理に使うなど、その用途は広がっている。

そしてぽん酢の用途が広がれば広がるほど消費量が増えるのはもちろん、主婦にとっては便利で手放せないものとなる。

また、スマートフォンも同様だ。

今やスマートフォンは「通話」「メール」「ソーシャルメディア」「ブラウジング」「写真撮影」「動画撮影」「ショッピング決済」など、利用用途は多岐にわたる。もはやあなたにとってスマートフォンは手放せないものになっているはずだ。

このように利用用途が広がれば広がるほど、生活者がそのブランドから実利的な喜びを感じる度合いは増えていく。結果、そのブランドは生活者にとって欠かせない存在になっていくのだ。

(2)自分の感性にフィットする喜び=「ブランドの感性が提供する価値」

生活者が喜びを感じるのは、何も「実利価値」だけではない。

もちろん、生活者にとって最も重要なのは、そのブランドから得られる「実利価値」だが、一方で生活者は「左脳的なロジック」だけでなく「右脳的な感性」でもブランドを判断している。

生活者が「感性」や「感覚」を持った人間である以上、自分の感性に合わないものよりも、自分の感性に合うものを選びたいと思うものだ。

近年、市場が成熟化し「実利価値」での差別化は難しくなっている。もしあなたの商品でも「実利価値」で差別化が難しくなっていると感じているのなら、ぜひ視点を変えて「感性価値」に着目してみよう。

以下、2つの「感性価値」を解説する。

5.ブランドの「デザイン」がもたらす価値(=喜び)

デザインは、直感的な「選ばれやすさ」を創る。

生活者が初めてあなたのブランドに知るとき、一番初めに目にするのは「デザイン」だ。

そして認知心理学を紐解くと、人は物事に初めて触れたとき、最初の0.2秒で直感的な取捨選択を行い、次の0.2秒以降で合理的な取捨選択をするといわれる。つまり始めの0.2秒の「直感的な取捨選択」で生き残らなければ、次の0.2秒の「合理的な取捨選択」に至らずに、あなたのブランドは生活者の選択から脱落することになる。

あなたが携わっているブランドも、周囲を見渡せば多くの競合商品が存在するはずだ。それらの中からあなたのブランドを選ばれやすくする上で、最初の0.2秒の「直感的な取捨選択」に関与していく「デザイン」の重要性は、これでご理解いただけたことだろう。

さらにあなたのブランドのデザインが、狙った生活者の感性に合うものであれば、生活者はあなたのブランドから「自分の感性にフィットする喜び」を感じ、長く愛用していただけるようになるはずだ。

6.ブランドの「イメージ」がもたらす価値(=喜び)

イメージもまた、デザインと同様に「選ばれやすさ」を創る。

もしあなたが車を買おうと思ったとき、まずは何をするだろうか?恐らくは、一通りWEBサイトで車を調べることになると思うが、現在、国内で売られている車の車種は150種類を越える。あなたはその150種類すべてをWEBサイトでくまなく調べるだろうか?

おそらくあなたは、自分が知っている車種の中でも、自分にとって好ましい印象を持っている車種から優先的に調べていくはずだ。そして150種類すべてを調べることはしないままいくつかの車種を絞り込み、その後、スペックや価格など「実利価値」の部分を比較検討した上で最終購入に至る。

鋭いあなたならお気づきかもしれないが、このプロセスも先に解説した「デザイン」と同様に「まずは直感的な印象やイメージで絞り込んで」「絞り込んだ中から実利価値で比較検討する」という2段階のステップを辿っている。

もし、あなたのブランドが「直感的な印象やイメージで絞り込む」という段階で生き残らなければ「絞り込んだ中から実利価値で比較検討する」という段階に至らないまま脱落することになる。

これでイメージもまた、デザインと同様に「選ばれやすさ」を大きく左右することが、ご理解いただけたはずだ。

さらに、こちらも「デザイン」と同様に、あなたのブランドのブランドイメージが生活者の感性に合うものであれば、生活者はあなたのブランドから「自分の感性にフィットする喜び」を感じ、長く愛用していただけるようになる。

(3)自分の気持ちを満たしてくれる喜び=「ブランドの情緒が提供する価値」

人は誰だって「後ろ向きな気分」よりも「前向きな気分」でいたいものだ。そして「前向きな気分」が得られたとき、人は喜びを感じる。

近年「ブランド経験価値」の重要性が叫ばれているが、この「ブランド経験価値」を考える上で重要なのが「情緒価値」だ。

「情緒価値」とは聞き慣れないかもしれないが、ブランドに対する感情移入を形創っていく上で非常に重要な価値となる。以下、2つの「情緒価値」を解説しよう。

7.ブランドの「実感」がもたらす価値(=喜び)

あなたは、野菜ジュースを飲んだことがあるだろうか?

野菜ジュースは「最近、野菜を摂ってないな」と感じたとき、野菜の代わりに手軽に摂取できる飲料として、飲料市場の中で独自の存在感を放っている。

その野菜ジュースのブランドの1つに、液体だけでなくあえて「野菜の切りくず」を混ぜている野菜ジュースが存在する。飲んでみると確かに液体だけでなく「野菜の切りくず」の食感が感じられる。

しかしこのメーカーはなぜ、あえて「野菜の切りくず」を入れているのだろうか?

昔、ご担当者に伺った話によると「野菜の切りくず」を入れると、プラスアルファのコストがかかるそうだ。それでもあえて入れているのは、飲んだ後に「ちゃんと野菜を摂った」という「実感」を創るためだ。

「最近、野菜を摂ってないな」と感じている人にとって「ちゃんと野菜を摂った」という前向きな「実感」は、大きな喜びと安心感を創る。

このような「実感がもたらす価値」を創る工夫は、ほかにも随所で見られる。

例えばある高級車メーカーが、あえてドアを閉める際に「ドスン」と低い音がするように、何回もテストを繰り返しているのは有名な話だ。あえて「ドスン」という低い音をさせることによって「自分は高級車のオーナーである」という実感と喜びを提供するためだ。

さらに、ある下着メーカーは、オケージョンによってバストサイズの見た目を変えられる可変型ブラジャーを開発する際に、あえてサイズを変えるときに「カチ・カチ…」と音が出るようにしたそうだ。こちらも「音」を通して「オン・オフで気分を変えられる」という実感を提供しているのだ。

上記の「野菜ジュース」「高級車」「女性用下着」を例から見えてくるのは、それらのブランドの実感を通した「前向きな気分が得られる」喜びだ。

8.ブランドの「体験」がもたらす価値(=喜び)

モノの価値は同じでも、その提供のされ方によって、受け取る側の「喜びの大きさ」は変わる。

事例として、ティファニーを恋人にプレゼントするときのことを思い浮かべてみよう。

ある男性Aさんは、恋人をティファニー銀座本店に連れていき、2人で一緒に指輪を選び、購入した。この恋人は「ティファニー本店で手厚い接客を受けた」「大好きな彼氏と一緒に指輪を選べた」「大好きな彼氏からティファニーをプレゼントしてもらえた」などを体験し「指輪」を越えた喜びを感じ取っているはずだ。

別の男性Bさんは、ディスカウントストアに1人で行き、たまたま販売されていたティファニーを選び、そのディスカウントストアの包装紙にくるまれた状態で恋人にプレゼントした。

AさんもBさんも、恋人にプレゼントしたのは、同じ「ティファニー」の指輪だ。しかし残念ながらBさんは、Aさんほど恋人に喜ばれないということは、あなたにもわかるはずだ。

生活者は、必ずしも「モノ」だけでその価値を判断していない。モノの価値は同じでも、その提供のされ方によっては受け取る側の「喜びの大きさ」は変わるのだ。

これは一般に「ブランド経験価値」と言われる。そして「経験」は、時に生活者にとって、一生記憶に残るような喜びを生み出す。

単なる「モノの価値」だけでなく、その「モノ」を通して、どのような体験を創り上げることができるか?もまた、ブランドに対する感情移入を創っていく上で、大切な要素となる。

(4)自尊心を満たせる喜び=「ブランドの価値観が提供する共鳴価値」

突然だが、あなたは人生を生きていく上で、どのような価値観をお持ちだろうか?

「常に革新者でありたい」「挑戦者でありたい」「どんな時も遊び心を大事にしたい」「人の輪を大切にしたい」…。

もし、あなたが明確な価値観をお持ちなら、あなたの言葉や行動、あるいはモノの選び方は、その価値観に沿ったものになっているはずだ。

そしてその「価値観」がブランドが結び付いたとき、ブランドに対する感情移入の度合いは最も強いものとなる。

以下、2つの「共鳴価値」を解説しよう。

9.「自己表現」がもたらす価値(=喜び)

もしあなたが明確な価値観をお持ちなら、あなたはその価値観をどう表現するだろうか?

言葉や文章、行動はもちろんだが「持ち物」でもまた、あなたは自分の価値観を表現しようとするはずだ。そしてあなたの価値観と似たような価値観を掲げたブランドが存在していたとしたら、あなたは「自分の価値観を表現するにふさわしいもの」として、そのブランドを認識することになる。

そしてあなたがそのブランドを手に入れた際には、単なる「実利」や「利便性」を越えて「自分の価値観を表現できる喜び」を得ることができるはずだ。

生活者からすれば、商品を使うということは「自身のライフスタイル」の一要素を構成する存在ということであり、そこには「自身の価値観・信条」と折り合っているかどうかを吟味するプロセスが存在する。

以前「ブランディングとは、感情移入を形創ること」と述べたが「価値観」は人が生きる上で最も根底をなすものと言っていい。

そうである以上、いったん「価値観レベル」で感情移入がなされると、あなたはそのブランドを通して自尊心が満たされ、ほかに替えがたいブランドとして評価するようになる。

10.「社会実現」がもたらす価値(=喜び)

あなたは、ブランドを通して社会をどのように変えていけるだろうか?

近年、社会貢献意識が高まっているといわれる。世界的に見てもリーマンショック以降、アメリカではトランプ大統領の誕生、イギリスでは国民投票によるBrexitの可決など、経済重視から、経済を犠牲にしてでも社会的幸福を選ぼうとする機運が見られる。

日本国内でもソーシャルメディアの台頭により、いわゆる「営利一辺倒」とみなされた企業は、叩かれたり、炎上したりする憂き目にあっている。

ブランディングは、単に「ビジネス上の観点から市場に位置付ける」だけでは、もはや共感や共鳴を得にくくなっている。これからの時代、ブランドは社会に位置付ける」ことが必要だ。

ここまで何度も説明している通り、ブランディングとは「そのブランドに対する感情移入を形創ること」だ。

もし、あなたが自社のブランドを社会的に位置づけて「社会をどのようにより良い方向に変えていけるのか?」を示すことができれば、あなたのブランドは社会を味方につけることになる。

そして、あなたのブランドが掲げる「より良い社会の姿」に共鳴してくれる者が増えれば、その「共鳴」自体がブランドへの感情移入につながる。

ソーシャルメディア時代においては「ブランドへの感情移入」⇒「ブランドへの共鳴感情の創造」⇒「拡散」⇒「ブランドとの共創」という流れは、強いブランドを創っていく上で極めて重要だ。

ブランドを社会に位置づけ、生活者とゴールを共有することができれば、生活者はあなた味方になる。

そしてブランディングに「共創」という視点が入ってくれば、生活者はあなたのブランドに共鳴感情を抱きながら、時に応援したり、協力したりすることを通して「よりよい社会を実現する喜び」を感じることができる。

これが、ソーシャルメディア時代に重要になってくるであろう「社会実現がもたらす喜び」だ。

ブランド力を強化し向上させる10のブランド提供価値:PDFダウンロード

ここまでの解説を一枚に集約したのが以下の画像だ。

PCでご覧になっている方は、この画像をクリックするとPDFダウンロード、あるいはプリントアウトできるはずだ。ぜひあなたのチームで共有するなど、ブランディング実務に活用していただきたい。

ブランド力を強化・向上させる10の要因:チェックリスト

強いブランドの条件=ブランドプロミス(ブランドの約束)

ブランディングの世界には「ブランドプロミス(ブランドの約束)」という言葉がある。

ブランドプロミスとは、そのブランドが世の中や生活者に対して提供する価値(=喜び)を守り続けるためのコミットメントを指す。

ブランドは、生活者に対して一貫した価値(=喜び)を継続的に提供していかない限り、築くことはできない。

そして、今回の記事で解説した「ブランド力を向上させる10の要素」とは、まさにブランドが社会や生活者に対して約束すべきブランドプロミスの根幹をなす要素だ。

もし、あなたのブランドが「ブランドの提供価値=ブランドプロミス」をしっかり定義できていないなら、ぜひブランドプロミスを定義し、ブランドチーム間で共有しよう。

ブランド力の強化に役立つ:お薦めブランディング本5冊

締めくくりに、マーケティング・ブランディング担当者へのお薦めのブランディング本を紹介しよう。選定した基準は下記の通りだ。以下のどれかに当てはまるものをピックアップした。

  1. k_birdが実際に読み、単純に「素晴らしかった」と思えるブランディング関連本。
  2. 実際に「ブランディング」の戦略&施策実務に役立っているブランディング関連本。
  3. 長年に渡って読み継がれており、時代を越えても変わらない「本質」や「原理」が見出せるブランディング関連本。

もちろん、すべて「なぜ読むべきなのか?」という解説付きだ。

ブランド力の強化に役立つおすすめ本-1:企業を高めるブランド戦略

あなたは、アーカーやケラーの「ブランド理論書」を読んで「やはりブランド論は難しい」と感じたことはないだろうか?

本書はそんな「ブランド論」を、極めて優しく解説してくれている学術的入門書だ。
しかし、入門書だからといって内容が薄いわけではない。「ブランディングとは?」というそもそも論から、強いブランドの構築・維持するためのブランドマネジメント方法、ひいては事例に至るまで「新書」とは思えないくらいカバー範囲は広く、内容は濃い。

日々、ブランディングやマーケティングの実務に没頭していると、つい「俯瞰視点」や「体系的な整理」がおろそかになる。

しかしどのような物事も、体系的に整理できていなければ、周囲にわかりやすく説明することはできない。

本書は、いまあなたが行っている様々なブランディング業務を体系立てて整理する上で、有用な指南書となるはずだ。

企業を高めるブランド戦略 (講談社現代新書)

ブランド力の強化に役立つおすすめ本-2:事例でわかる! ブランド戦略【実践】講座

どんなに優れたブランド戦略も「実践」に結びつけることができなければ、その成果はゼロだ。

本書は、事業会社出身のブランドコンサルタントが、ブランド戦略の「実践」を指南した解説書だ。

本書の著者は、味の素ゼネラルフーヅ(株)、マキシアム・ジャパン(株)、ハーシージャパン(株)などで、ブランド・マネージャー、マーケティング・マネージャー、マーケティング・ディレクターを歴任し、豊富な実戦経験を持つ。

上記の企業はどれも決してNo.1企業ではないが、そうであるがゆえにガリバーブランドとの戦い方や、その実践を熟知している。

単なる机上の理論に留まらない「現場」を意識した事例と実践指南は、多くのマーケティング担当者にとって貴重な示唆となるはずだ。

事例でわかる! ブランド戦略【実践】講座

ブランド力の強化に役立つおすすめ本-3:グローバル企業に学ぶブランドマーケティング

日本企業は、ブランド戦略が苦手だといわれる。

もしそうなら、コカコーラやユニリーバなど、ブランディングに長けたグローバル企業の事例や方法論から学ぶが早道だ。

本書は、様々なグローバル企業で経験を積んだ著者が、消費者調査や流通管理をはじめとしたブランドマーケティングのポイントを、なんと90の項目にわけて解説してくれている。

このブログを読んでいるほとんどの方は、日本の企業で働いていることだろう。
だからこそ、日々の職場では学びづらい、外資系企業ならでは方法論は有益なノウハウとなるはずだ。

グローバル企業に学ぶ ブランド・マーケティング90の項目

ブランド力の強化に役立つおすすめ本-4:プラットフォームブランディング

本書は、ジャーナリストとブランドコンサルティング会社がタッグを組んで著した稀有な書籍だ。

ビジネスを取り巻く環境変化についてジャーナリストが解説し、あるべきブランド戦略、そしてブランドマネジメントまでをブランドコンサルタントが解説してくれている。

ブランディングやマーケティングは、多額の投資が必要であるにもかかわらず「ブラックボックス」になりやすい領域だ。そのため、ブランド戦略を推進する上で、関係する多くの部署との調整に手間取りがちだ。

本書は、そういった起こりうるブランディングの局面や落とし穴に対して現実的な処方箋や対応事例を用意してくれている。

ブランド戦略は再現性のあるロジックであり、組織だった学習によって習得可能なスキルだ。本書はそのことを実感させてくれる一冊だ。

プラットフォーム ブランディング

ブランド力の強化に役立つおすすめ本-5:ブランドで競争する技術

本書は「ブランドをいかに造り出し、ブランドを使っていかに競争に勝つか」という問いに答える実践的な手引書だ。

本書の特筆すべき点は、著者がハンズオンで企業再生を支援するターンアラウンドスペシャリストである点だ。

「改革を志すものは、単なる理屈の正しさ以上の技術を有する責任がある」とあるように、机上の空論ではない迫力に満ちている。

事例はファッションブランドのケースが多いが「ブランドバリューポジショニングマップ」「リスク分散手法」「出島理論」「TICS」など、ファッションブランドを越えて普遍的に通用するフレームワークも満載だ。

本書は事業再生という修羅場を通して、多くの実務家が競争に勝つための切り口・考え方を提示してくれている実践的競争戦略の指南書だ。

ブランドで競争する技術

終わりに

今回は「ブランド提供価値とは?ブランド力を高める10の要因」と題して、ブランド力がビジネス成果に直結するロジックについて解説した。

残念ながら「ブランド価値」は企業側が決めることができない。

なぜなら「価値」は「顧客側が感じ取るもの」であり、企業側が決められるのは「価格」だからだ。そしてもし、顧客側が感じ取る「ブランド価値」が、企業側が決める「価格」を上回れば、そのブランドは売れていくことになる。

ぜひ、今回の解説があなたのチームのブランディング実務において、有益な示唆となれば幸いだ。

今後も、折に触れて「ロジカルで、かつ、直感的にわかるブランディングの解説」を続けていくつもりだ。( 過去記事と今後の掲載予定はこちら

しかし、多忙につき、このブログは不定期の更新となる。

それでも、このブログに主旨に共感し、何かしらのヒントを得たいと思ってもらえるなら、ぜひこのブログに読者登録やTwitter、Facebook登録をしてほしい。

k_birdがブログを更新した際には、あなたに通知が届くはずだ。

関連記事

Mission Driven Brandトップ
  1. ブランド戦略コンサルタントが【ブランディングの基本と全て】を解説 
ブランディング・ブランド戦略関連の解説記事
  1. ブランディングとは何か|強いブランドを創る20のブランド戦略手法|企業事例有
  2. ブランド戦略とは|10個あるブランド戦略メリットと成功事例を徹底解説
  3. ブランド力とは|ブランド力を高める10のブランド提供価値を徹底解説
  4. ブランドアイデンティティとは|ブランドを成功に導くBIの創り方|成功事例有
  5.  ブランドパーソナリティとは|ブランドの個性がもたらす5つの効果|事例有
  6. 知覚品質とは?ブランドの知覚品質を向上させる21の手法|事例
  7. ブランド連想とは|ブランド連想の意味と成功事例&失敗事例を解説
  8. ブランドロイヤリティとは|8つのロイヤリティ向上手法と調査指標を徹底解説
  9.  ブランドエクイティとは|ブランドエクイティの構成要素と事例を解説
マクロ環境分析・ミクロ環境分析関連の解説記事
  1.  PEST分析とは|PEST分析の具体例とやり方を徹底解説|テンプレート有
  2. 5フォース分析とは|5F分析の具体的やり方と実例|テンプレート有
  3. 3C分析とは|3C分析のやり方と例を徹底解説|図解&テンプレート有
ブランドマーケティング・STP戦略・マーケティングミックス関連の記事
  1. ブランドマーケティングとは|マーケティングとの7つの違いで全て解説 
  2. マーケティングセグメンテーションとは|事例とやり方を図解解説
  3. ターゲティングとは|戦略的なターゲット設定の方法と3つの成功事例
  4. ペルソナデザインとは|強いブランドを創るペルソナ設定項目と設定法|事例有
  5. インサイトの意味とは|消費者インサイトを得る方法を解説|事例有
  6. ポジショニング戦略とは|強いポジショニングの作り方|成功事例有
  7. ビジュアルアイデンティティとは|ブランドデザインが創る5つの効果と事例
  8. マーケティングミックスとは|4P・7P・4Cのやり方と勘所を解説|事例解説有 
  9. ブランド体験デザイン|優れたブランドエクスペリエンスを創る8要素
 企業ブランディング・ブランドマネジメント関連の記事
  1. 企業ブランディングとは|企業ブランディングの目的と手順を徹底解説